体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
ゼネグラの通販top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み
矢印通販で購入した「ゼネグラ」のパッケージ&錠剤チェック!
ゼネグラ(zenegra)」は、インドの製薬会社アルケム・ラボラトリーズ社(Alkem Laboratories Ltd.)が製造販売するED治療薬で、一般にはバイアグラのジェネリック薬として知られていますが、厳密にはジェネリック薬と呼べる代物ではありません。

というのも、インド国内で製造販売されるED治療薬の大半は、ジェネリック薬として販売するために必要な正規の手続きを踏んでいないからです。

そもそも、一般に医薬品に関する特許は2種類(成分特許と製法特許)ありますが、インドは製法特許しか認めていません。

つまり、製法さえ異なれば、バイアグラと同じ有効成分(クエン酸シルデナフィル)を含んだED治療薬の製造が可能なため、「ゼネグラ」や「カベルタ」「カマグラ」といったED治療薬が、他国に先駆けて一早く販売されていますが、そういった事情から、これらの治療薬は、あくまでバイアグラの〝コピー薬〟という位置付けにあります。

とはいえ、バイアグラやしかるべき手続きを経て厚生労働省から製造販売の承認を得た国産のバイアグラジェネリックは、保険適用外ということもあり、1錠当たりの値段が馬鹿にならない(1,000円~2,000円程度)ため、海外で販売している安価なジェネリック薬に魅力を感じてしまう人が多いようです。

しかし、国内での販売が認められていない未承認薬を自己判断で購入・使用した場合、品質や副作用などのリスクはすべて〝自己責任〟になるということを忘れてはいけません。

また、海外で流通しているバイアグラジェネリックは、「ゼネグラ」に限らず偽物も多く出回っているようなので細心の注意が必要ですが、悩みが悩みだけに、医師とはいえ、他人に相談することに強い抵抗があった私は、自己責任を承知の上で通販(個人輸入)サイトから「ゼネグラ」を購入してみました。

私が入手した「ゼネグラ」が本物か偽物か個人で確かめる手立てはありませんが、手元にあるアルケム社の「ゼネグラ」のパッケージ(外箱)や錠剤(タブレット)を入念にチェックしてみたので、参考までに画像をアップしておきます。
zenegra1




通販で購入した「ゼネグラ」のパッケージ&錠剤チェック!

某個人輸入代行業者の通販サイトで「ゼネグラ」の購入手続きを行い、代金支払い完了の確認メールが来てから10日後に届いた小包がこちらになります。
zenegra2
ダンボール箱の小包には、追跡バーコードや住所ラベルが貼り付けられていますが、見慣れない税関告知書は、国際郵便物ならではの特徴といえるでしょう。

ちなみに、小包に記載されている内容を一通りチェックした限り、中身がなんであるか一目で分かってしまうような記載はどこにもありません。

というわけで、さっそく梱包テープを剥がし、小包を開封しみました。
zenegra3
ダンボール箱には緩衝材と一緒に複数(今回はゼネグラと一緒に他メーカーのジェネリック薬も併せて購入しています)の商品が入っていたので、とりあえず目的の「ゼネグラ」を取り出すことに・・・

参考までに、私が通販サイトで入手した「ゼネグラ」のパッケージ(外箱)画像を何点かアップしておきましょう。
zenegra4
外箱サイズは縦6cm×横7.6cm×厚み2cmほどの長方形で、シンプルなデザインに仕上がっています(なんとなくチープな印象…)。

「ゼネグラ」はバイアグラのコピー薬なので、有効成分はシルデナフィルとなりますが、「カベルタ」や「シラグラ」のように有効成分の含有量によって数種類用意されているわけでないらしく、100mgの1種類のみを販売しているようです。

ちなみに、パッケージ裏面に使用期限らしき日付が記載されていることから、「ゼネグラ」の使用期限は2年間ということがわかります。

では、外箱チェックはこのくらいにして、箱の中身を見てみましょう。
zenegra5
小箱にはPTP包装の錠剤シート(4錠1組)が2つ入っているだけで、取扱説明書などは見当たりません。

ということは、薬に関する大まかな基本情報や注意点は、外箱の裏面や錠剤シートの裏面を読んで確認してくれということなのでしょう。

ちなみに、今回、私は1箱1,240円の「ゼネグラ(8錠)」を購入しているので、1錠(100mg)あたりの値段は155円(50mgなら半額の78円)となり、価格だけで比較するなら、ファイザー製のバイアグラ(50mg:1,500円前後)や国産のバイアグラジェネリック(50mg:1,000円前後)をはるかに下回ります。

次に、ゼネグラ錠をシートから取り出し、タブレット(錠剤)をさらに入念にチェックしてみました。
zenegra6
タブレットは1.2cmほどのおむすび型(日本人が飲み込むには、サイズが少し大きめ)で、濃淡の入り混じった青紫色(外箱の基本情報によると、インジゴカルミン(やや紫がかった青色))のコーティング剤で覆われており、ニオイはなく無臭で、片面に有効成分の含有量を示す「100」という数字が刻まれています。

ちなみに、小柄な体格の日本人が一度に摂取する量として100mgは強すぎると言われているので、おそらく半分(あるいは4分の1)に割って服用する方も多いと思いますが、そう考えると、できれば簡単にカットできるような切れ目が欲しいところです(シラグラなどには切れ目がある)。

さらに、カッターナイフでタブレットを半分にカットし、中身の方も確認してみました。
zenegra7
専用のピルカッターがあれば、もう少し均等にカットすることができたかもしれませんが、断面図を見る限り、特に怪しげな不純物などは確認できず、中身は圧縮された白い粉末が詰まっています。

さらに、時間の経過とともにどのように溶けだすか、水に浸してみたので、参考までに溶解実験の画像もアップしておきます。
zenegra8

インド製のED薬は、これまでに数種類ほど入手していますが、過去に実験した他メーカーのものに比べると、「ゼネグラ」の溶解スピードは圧倒的に遅いという結果になりました。

コーティング剤や添加物の影響によるものなのか、それとも単に偽物を掴まされたのか定かではありませんが、個人的には少し気になる実験結果です。

以上、某個人輸入代行業者の通販サイトで購入した「ゼネグラ」について、画像を交えながら外箱や錠剤を入念にチェックしてみましたが、私の手元にある「ゼネグラ」が本物であるという保証はどこにもありません。

何が起きても自己責任を承知の上で、ゼネグラを使用した体験談を別ページで記事(ゼネグラの効果の有無を検証)にしていますが、海外で販売している国内未承認薬を個人輸入した場合は、偽物を掴まされるリスクも高いようなので、不安な方は専門医のいる医療機関でED治療薬を処方してもらうようにしてください。
アームストロング 1箱(10カプセル) 個人輸入代行(代引ではお受け出来ません。)【Web Shop Fuji Life Aid】
アームストロング 1箱(10カプセル...
16,200円
商品ページへ
Ads by 電脳卸