体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
タドラ20mg
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み
矢印通販サイトで入手したタドラ(20mg)の錠剤チェック!
タドラ(tadora)」は、インド最大の都市ムンバイに設立された製薬会社ジャーマン・レメディーズ社(German Remedies Ltd.)が製造販売するシアリス系のED治療薬で、一般にはシアリスジェネリックとして広く知られています。

正規の手続きを踏んでいない「タドラ」は、本当はジェネリック薬というより、コピー薬という表現の方が適切な気もしますが、細かいことは抜きにして、人気のあるED治療薬であり、国内でも使用しているという方は思いのほか多いようです。

しかし、海外で販売しているシアリス系のED薬は、需要があることを良いことに悪質な業者による偽物も数多く出回っているらしく、トラブルやリスクが高いと言われています。

そのため、国内未承認薬を個人輸入で入手するのはあまりお勧めできるような手段ではありませんが、医療機関で処方してもらう「シアリス」は、薬代だけで1錠あたり2,000円近くするため、継続使用するとなると費用が馬鹿にならず、安価なジェネリック薬に魅力を感じてしまう人は少なくないようです。

かくいう私もそのひとりで、副作用をはじめとしたすべてのトラブルが自己責任だということを承知の上で「タドラ」を通販(個人輸入)で入手してしまいましたが、私の手元にある「タドラ」が本物なのか偽物なのか、確かめる術はないと知りつつも、商品パッケージ(外箱)や錠剤(タブレット)を入念にチェックしてみました。
tadora1



通販サイトで入手したタドラ(20mg)の錠剤チェック!

某個人輸入代行業者の通販サイトで、ジャーマン・レメディーズ社の「タドラ」を注文したところ、代金支払い完了の確認メールが来てから10日後、何のトラブルもなく、無事、小包が私のもとへ届きました。
tadora2
国際郵便物は何度が受け取っているので、最近は慣れたというか新鮮味に欠けますが、ご覧のように国内郵便物とは違い、住所ラベルのほかに「税関告知書」なども貼り付けられていますが、薬品名などはどこにも記載されていないため、配達員から直接手渡される際、特に気まずい思いをすることはありません(代行業者によって異なる場合もあるので、商品名などを知られたくなければ確認が必要)。

受け取った小包の梱包テープを剥がし、段ボール箱を開けた中身の様子がこちら。
tadora3
今回は「タドラ」以外のED薬も一緒に注文しているので、複数の商品が確認できますが、とりあえずお目当ての「タドラ」だけを取り出し、パッケージ(外箱)画像を何点かアップしてみます。
tadora4
外箱は、縦8cm×横5cm×厚み1.5cmほどのコンパクトサイズで、パッケージには「Tadora-20」という商品名が書かれています(「20」は、おそらく有効成分タダラフィルの含有量20mgのこと)。

パッケージに描かれている画像は、インド中部に位置するカジュラーホ―の寺院群(世界遺産)にある官能的な浮き彫り彫刻を連想させ、イメージ的にはピッタリですが、画像が粗く、全体的にチープ感が漂います。

日本にいながら通販サイトを利用して個人輸入しているので、本物(あるいは偽物)かどうかの判断は難しいところですが、ケースに関しては、明らかに怪しい(パッケージデザインや製造販売元の社名が明らかに違うなど)と思われる個所は見当たりません。

では、外箱チェックはこのくらいにして、肝心の中身を取り出してみましょう。
tadora5
PTP包装シートにはタドラ錠(20mg)が4錠、1箱の購入価格が約1,000円なので、1錠当たりの価格は250円となります。

国内の医療機関で処方される「シアリス(日本イーライリリー)」は、1錠(20mg)当たり1,800~2,000円ほどするため、「タドラ」がいかに安価(8分の1程度)であるかということがよくわかります(ただし、安全性という点では保証がない…)。

ちなみに、「タドラ」のケースには取扱説明書などの紙面は入っていませんでした(つまり、薬に関する基本情報は外箱の側面と錠剤シートの裏面に書かれている僅かな情報のみ)。

さらに、錠剤シートからタドラ錠を取り出し、錠剤を入念にチェックしてみました。

こちらがタドラ錠になります。
tadora6
ご覧のように、色的にはシアリスに近い黄色系統ですが、その姿がユニークで、ひょうたん型とでも呼べば良いのでしょうか、かなり独特な形状(半錠で試してみたい場合、均等にカットするのが難しい…)をしており、社名や数字などの刻印もみられません。

さらに、タブレットを半分にカットし、中身の方も確認してみました。
tadora7
専用のピルカッターがあると、もう少し綺麗にカットすることができたのかもしれませんが、断面図を見る限りでは、コーティング剤に覆われた中身は白い粉末が詰まっているだけで、特にニオイもなければ、怪しげな不純物なども確認できません(だからといって、本物とは限りませんが…)

さらに、水に浸すとどのような溶け方をするのか、タイマーを手元に用意して溶解実験もしてみたので、参考までに画像をアップしておきます。
tadora8
ご覧のように、私の手元にある「タドラ」は溶解速度がとても早く、水に浸けると10秒待たずに溶け出し始め、1分後にはほぼ全壊しています。

個人輸入で入手したED薬は、できるだけ使用前に溶解実験を行っていますが、過去に私が実験した中では「タドラ」の溶解スピードが一番という結果になりました。

このような違いや特徴を踏まえると、やはり製造メーカーによって薬の効き目や発現時間などが異なるというのも頷けます。

以上、私が某個人輸入代行業者の通販サイトで購入したジャーマン・レメディーズ社の「タドラ」について、画像を交えながら入念にチェックしてみましたが、私が入手した「タダシップ」が本物なのか、偽物なのかを見分ける術はありません。

自己責任を承知の上で「タドラ」の体験談を別ページで記事(タドラの効果の有無を検証)にしていますが、本物であるという保証はどこにもないので、不安な方は専門医のいる医療機関で正規のED治療薬「シアリス」などを処方してもらうようにしてください。