体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
タダリス:本物と偽物の違いtop
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み
矢印通販サイトで購入した「タダリス」のパッケージ&錠剤チェック!
タダリス(tadalis)」は、インドに本社を置くアジャンタ・ファーマ社が製造販売するシアリス・ジェネリックです。

バイアグラとは違い、シアリスの国際特許はまだ切れていないことから、正規の手続きを踏んだシアリス・ジェネリックはまだ存在しないため、厳密には〝コピー薬〟という表現の方が適切かもしれませんが、細かいことは抜きにして「タダリス」は「メガリス」と同様、複数あるシアリス系ED薬の中では人気の高い治療薬であることは間違いありません。

しかし、「タダリス」や「メガリス」のようなコピー薬は、国内の医療機関で処方される日本イーライリリー社製の「シアリス」とは違うため、安全性や効果の有無に疑問を抱く医師がいるのはもちろん、個人輸入によって入手した国内未承認薬を自己判断で使用した場合、流通上のトラブルや品質、副作用などのリスクはすべて〝自己責任〟になるということを忘れてはいけません。

そういう意味では、あまりお勧めできるような代物ではありませんが、「タダリス」は「シアリス」の半値以下の価格で購入することができるため、国内でも個人輸入する人は思いのほか多いようです。

医師とはいえ、EDの悩みを打ち明ける勇気がどうしても持てなかった私も、自己責任を承知の上で「タダリス」を個人輸入で入手しましたが、人気の「タダリス」は偽物も多いようなのでリスクが高いと言われています。

そのため、私が個人輸入で手にした「タダリス」が本物なのか偽物なのか確かめる術はありませんが、手元にあるアジャンタ・ファーマ社製の「タダリス」のパッケージ(外箱)や錠剤を入念にチェックしてみたので、参考までに画像をアップしておきます。
tadalis1


通販サイトで購入した「タダリス」のパッケージ&錠剤チェック!

某個人輸入代行業者の通販サイトで、アジャンタ・ファーマ社製の「タダリス」を注文したところ、支払いの確認メールが来てから7日後に届いた小包がこちらになります。
tadalis2
国際郵便物ということもあり、「税関告知書」を兼ねた特殊な伝票や追跡バーコードのラベルが貼り付けられていますが、商品名などはどこにも記載されていないので、配達員から手渡される際、気まずい思いをすることはありませんでした。

小包のシールを剥がして開封したダンボール箱の中身がこちらになります。
tadalis3
今回は「タダリス」を含めて3点のED治療薬を購入しましたが、私が注文した商品はすべて揃っていたので、とりあえず流通上のトラブルの被害にあることはありませんでした。

というわけで、今回、使用する「タダリス」のパッケージ(外箱)画像を何枚かアップしてみます。
tadalis4
外箱は縦5.6cm×横7.5cm×厚み2cmほどのコンパクトサイズで、パッケージには「Tadalis-sx」という商品名が書かれています(タダリスは、有効成分タダラフィルの含有量によって10mgと20mgの2種類ありますが、今回、私が購入したタダリスは20mg)。

※補足:タダリスの正式名称は「タダリスSX」とのこと。末尾の「SX」がなんとなく気になるところですが、どうやら症状を意味する医療業界の略語のようで、symptoms(症候群)に由来するらしいのですが、「X」は長い英単語を省略するときに用いるとか…(つまり、S以下の単語を略している)。違っていたら申し訳ない。

国内から代行業者の通販サイトを利用して個人輸入しているので、本物(あるいは偽物)かどうかの判断は難しいところですが、ケースに関しては、明らかに怪しい(パッケージデザインや製造販売元の社名が明らかに違うなど)と思われる点はみられません。

一方、パッケージ裏面には、「タダリス」に関する基本情報や注意点、社名などが英語で書かれています。

※補足:タダリスの製造販売元であるアジャンタ・ファーマ社は、インドのマハーラーシュトラ州ムンバイに拠点を置く中堅の製薬会社で、ED治療薬のほかにも様々なジェネリック医薬品(心臓病、マラリア感染症、皮膚病、呼吸器疾患、眼科疾患など)を取り扱っています。

では、外箱チェックはこのくらいにして、中身の方をチェックしてみましょう。
tadalis5
ケースを開けると、薬剤シートと取扱説明書の2点が入っています。

PTP包装の薬剤シートには4錠のタブレットが納まっていますが、1箱1,320円で購入しているので、1錠あたりの値段に直すと330円(10mgなら165円)となり、価格だけで比較するなら、日本イーライリリー社製のシアリス(20mg:1,800~2,000円程度)をはるかに下回る激安ぶりです。
tadalis6
一方、取扱説明書は、海外製の医薬品ということもあり、外国語で記載されていますが、未承認薬を自己判断で使用する方は、やはり理解する努力はした方が良いのではないでしょうか。

ちなみに、以前、購入したシプラ社製の「タダシップ」や「カベルタ」には取扱説明書などはありませんでした。

それでは、錠剤シートからタブレット(錠剤)と取り出して、さらに入念にチェックしてみましょう。
tadalis7
ティアドロップ(涙滴)型のシアリスとは違い、「タダリス」の形状は楕円形で、イエロー系のコーティング剤に覆われており、刻印もありません(シアリスには「C20」などの刻印がある)。

また、特に臭いはなく無臭です。

今回、私が購入した「タダリス」は20mgタイプですが、体格の小さい日本人は半分の10mgでも十分効果があると言われているので、できれば半錠カットできるような切れ目が中心に欲しいところです。

ちなみに、「タダリス」のタブレットは縦8mm、横13mm、厚み5mmと比較的小粒サイズで、特に飲みにくそうな大きさではありません。

さらに、タブレットを半分にカットし、中身の方も確認してみました。
tadalis8
専用のピルカッターがあると、もう少し均等にカットできるかと思われますが、「タダリス」の錠剤は、比較的、柔らかかったので、カッターナイフでも意外ときれいにカットすることができました。

ご覧のように、コーティング剤に覆われた中身は、白い粉末がギュッと詰まっており、目視でチェックする限りでは、特に怪しげな不純物などは確認できません(だからといって、本物とは限りませんが…)。

さらに、水に浸すとどのような溶け方をするのか、溶解の様子もチェックしてみたので、参考までに画像をアップしておきます。
tadalis9
1分30秒以降の溶解画像の視点が異なりますが、概ねこのような溶け方をしています(約40分後には、すべて溶け切り粉状になっていました)。

以上、私が個人輸入で入手したアジャンタ・ファーマ社製の「タダリスSX(20mg)」について、画像を交えながら入念にチェックしてみましたが、私の手元にある「タダリス」が本物であるという保証はどこにもありません。

自己責任を承知の上で、タダリスの効果や副作用を検証している体験談を別ページで記事(タダリスSXの効果の有無を検証)にしていますが、海外で流通している未承認薬を個人輸入する場合は、偽物を掴まさせるリスクも高いようなので、不安な方は専門医のいる医療機関で「シアリス」などのED治療薬を処方してもらった方が賢明です。