体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
歯肉炎と治療top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押さえる!歯肉炎の基礎知識

歯肉炎とは、文字どおり、歯肉(いわゆる歯茎)が炎症しているために起こる歯の病気で、早期治療が大切であると考えられています。

※ 歯肉炎を治療せずそのまま放置しておくと、他の歯の病気を招きやすくなるだけでなく口臭のもとにもなりかねません。

この炎症は、主に歯肉に付着したプラーク(細菌の塊)が原因で起こる疾患ですが、女性ホルモンの影響やストレス、あるいは薬の副作用等によって生じるケースもあるようです。

最近、「歯周病予防」という言葉をよく見聞きするようになりましたが、この歯周病とは、歯肉炎と歯周炎を総称する言葉で、「虫歯」と同様、歯のトラブルの中では最もポピュラーな病気のひとつであり、他人事として受け止めてはいけません。
歯周病
歯肉炎 いわゆる歯周病の初期症状
歯周炎 歯肉炎が進行し、歯肉の内部にまで炎症が広がってしまった状態の病気
歯周病の初期段階にあたる歯肉炎は自覚症状のない患者も多く、専門家の見解によると、大半の成人(40代以降の中高年層では7~8割とも…)は程度の差こそあれ、この歯周病にかかっていると言われています。
歯肉炎が招く歯のトラブル
先に説明したとおり歯肉炎の初期段階は、痛みも少なくまったく気付かない人も多いのですが、歯肉炎を放置しておくと症状を悪化させ、治療が難しい歯周炎に進行してしまう恐れがありとても危険です。

したがって、日常生活で次のような症状がみられた場合には、歯肉炎を起こしている可能性が高いので、一度、歯科医院で検診してもらうことをおススメします。
歯肉炎?と疑われる主な自覚症状
チェック歯茎の腫れ・赤み・痛み
チェック歯磨きによる出血
チェック口内炎になりやすい



これ以上、歯肉炎を悪化させないための予防・治療法

歯肉炎の大半は歯間に付着した歯垢(プラーク)が原因で起こります。

硬い歯石とは異なり、柔らかく白い粥状の歯垢は、日々のブラッシング(歯磨き)によって取り除くことができるので、食後にブラッシングをする癖をつけることが、歯肉炎予防・治療の第一歩となります。

※ ただし、単純に歯磨きすれば良いというものではありません。正しいブラッシングテクニックを身につけて行わなければ歯垢は上手く除去しきれません。

また、クランベリーに含まれる成分が歯垢の形成を抑制する効果があるとして、近年、歯肉炎予防食物として注目を浴びているようです。
症状が悪化した場合の歯肉炎治療
歯肉炎が悪化すると歯茎が腫れ、痛みや出血を伴う症状も少なくないため、日常生活に支障をきたす恐れがあります。

そのため、歯肉炎の症状が悪化した場合には、必ず専門医(歯科医、歯科衛生士)のいる歯科医院等で適切な処置(治療)を受けるようにしてください。

歯肉炎治療の基本は、スケーラーと呼ばれる専用危惧を用いた歯垢(歯石)除去ですが、口の中を清潔に保つための口内洗浄薬が処方されることもあります。

なお、歯肉炎は再発率も高いので、専門病院に足を運んだ際には、医師から正しいブラッシング法をしっかりと教わっておくことをおススメします。





歯周病予防:豆知識

正しいブラッシング(歯磨き)法とは?

歯周病(歯肉炎・歯周炎)予防には日頃のブラッシングが有効ですが、ただ漫然と磨いているだけでは歯垢はうまく取り除けません。

そのため、正しいブラッシング法を身に付け、歯垢を除去する必要があります。

場合によっては、専用の歯間ブラシなどを使って磨くのも効果的です。

歯と歯(あるいは歯茎)の隙間に溜まった歯垢は、歯ブラシだけで取り除くことは極めて困難です。

隠れた歯垢を取り除く専用の歯間清掃具「歯間ブラシ」を使うことで、歯ブラシでは掻き出すことのできない歯垢を効率よく除去することができます。


歯間ブラシは数百円程度(人気があるのは電動タイプですが価格はやや高めです)で購入でき価格も手頃なので、入れ歯は嫌だ!という方は、一度、試してみてはいかがでしょう。

ただし、力を入れすぎたり、ブラシのサイズを誤ったりすると、かえって歯茎を傷める恐れもあるので、使用の際には注意が必要です。

ブラッシングの基本
チェック歯ブラシの毛先が歯と歯肉(歯茎)の間に45度の角度であたるように添える!

チェック力任せに磨かない!歯や歯茎を損傷させるだけではなく、毛先が開いてしまい歯間に溜まった歯垢を効率よく除去できない。

チェック毛先で磨く!

チェック小刻みに磨く!小さく横に振動させたり、縦に掻き出すようにして磨いたり、あるいは円を描くようにして毛先を効率よく小刻みに動かす。