体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
梅毒の初期症状top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押える!梅毒の初期症状

梅毒とは、スピロヘータ科に属する梅毒トレポネーマと呼ばれる細菌が原因(病原体)となって引き起こる性感染症のひとつです。

梅毒が日本国内で本格的に蔓延したのは江戸時代のことであり、当時はまだ、この種の伝染病に対する適切な治療手段がなかったことが、感染者をさらに増加させる一要因となっていましたが、治療薬であるペニシリンが開発された戦後以降、梅毒患者数は激減しました。

ところが、近年、性に対する価値観や乱れ(性交渉の低年齢化や複数異性との性交渉、避妊具の不使用など)から、梅毒感染者が増加傾向にあるのではないかと懸念されています。

梅毒に感染すると、他の性感染症と同じように初期症状が出ることもありますが、その症状は様々であり、自覚症状を伴わないこともあるため、見過ごされるケースもあるようです。

そのため、梅毒に感染したかもしれない・・・と思しき症状や行為に思い当たる方は、早めに一度、性病検査などで感染の有無をチェックすることをおススメしますが、参考までに、梅毒に感染すると、いったいどのような初期症状が見られるのかまとめておきましょう。

※ 梅毒に感染しているにもかかわらず放置していると、感染者を増やしたり、治療期間が長引くので早期発見・治療が大切です。また、近年は病院で治療するのは抵抗があるからといって、アモキシ等の梅毒治療薬を個人輸入される方もいるようですが、国内未承認薬の使用は薬の品質や副作用等は全て〝自己責任〟ということを忘れないでください。

治療薬:アモキシ(海外製)
梅毒の症状
梅毒感染者が治療せずに放置していると、その症状は感染からの時間の経過とともに段階的に進行していくことが知られています。

一般的には下記のような段階(区分)に分けて、症状の特徴について説明されるケースが多いようですが、近年は医学の進歩により、晩期(第3~4期)梅毒まで進行してしまうようなケースは稀なようです。
梅毒の進行状況
第1期 矢印 第2期 矢印 第3期 矢印 第4期
あるいは…
第1期 矢印 第2期 矢印 潜伏期 矢印 第3期(晩期)
第1期(感染から3週間~3ヵ月程度)
梅毒に感染してから2~3週間経過すると、初期症状として感染した部位の皮膚や粘膜に〝初期硬結〟と呼ばれるコリコリとした小さな赤い隆起ができることがあります。

※ 男性は主に包皮や亀頭、女性は大陰唇や小陰唇にできることが多い。

この初期硬結は、よく大豆(あるいは空豆)のようなしこりとして例えられることがありますが、基本的にこの初期症状に痛みはありません。

また、太ももの付け根のリンパ節にも痛みのない腫れが現れることもありますが、これらの初期症状は個人差もありますが、数週間程度で自然と消えてしまうため、症状が軽いと梅毒に感染しているという自覚がないまま進行してしまう患者(特に女性)も少なくないようです。
第2期(感染から3ヵ月後~3年程度)
梅毒の病原体である梅毒トレポネーマが血液中に入り込み体中を巡るため、全身の皮膚や粘膜に様々な症状がではじめる期間が第2期です。

典型的な症状としては、全身の皮膚や粘膜に1cm程度の赤いブツブツとした発疹がまばらに現れる〝バラ疹〟と呼ばれる症状(基本的に痛みや痒みはない)が出はじめます(特に手足に多いとされる)。

このバラ疹は治療せずともしばらくすると消えてしまうことがある(ただし再発することも…)ため、症状が軽いと気付かない人もいます。

先にも説明したとおり、梅毒が第2期に突入すると病原体は血液に乗って全身に回るため、他にも下記のような症状が報告されています。
症状の一例
チェック発熱
チェック食欲不振
チェック 潰瘍性口内炎
チェック疲労感
チェック体重の減少
チェックリンパ節の腫れ(全身)
チェック関節痛
チェック脱毛症状
チェック喉の痛み(風邪に似た症状)
チェック倦怠感
チェック眼の炎症
第2期を過ぎると〝潜伏期〟と呼ばれる期間に入り、無症状状態が長期(個人差はありますが数週間~数年)にわたって続くため、勝手に治ったと勘違いされる人もいますが、病気は確実に進行していきます。

※ 梅毒の感染力は第1~2期(特に第2期)が強く、それ以降は感染力が弱まると考えられています。

また、この時期に突入すると梅毒感染の有無は血液検査でしか診断が難しくなります。
第3~4期(感染から3年以降)
梅毒感染イメージ現在は第3期以降にまで梅毒の症状が進行してしまうケースは非常に稀なので、専門家でもない感染者がここまで知る必要はありませんが、梅毒に感染していながら放置していると、どれだけ怖い結末を迎えるのかということを理解してもらう意味でザッとまとめておきましょう。

まず、晩期に突入した梅毒は皮膚や器官(肝臓や腎臓、内臓など)、筋肉、骨などの組織にゴム腫と呼ばれる固いしこりやこぶ状の腫れが出はじめます。

さらに症状が進行すると、心臓や血管、神経までもが梅毒に侵されるため、眼や脳、手足の感覚の喪失、痴呆症状といった重い障害が現れ、日常生活に支障をきたし、最終的には死に至ります。


矢印

コレだけは押える!梅毒の感染経路

梅毒は主に性的接触によって感染しますが、病原体である梅毒トレポネーマは、人の皮膚や粘膜を通して侵入するため、その感染経路は必ずしも性的接触とは限りません。

その感染経路を挙げると、主に次のような経路が考えられます。
梅毒の感染経路
性的接触感染 ・性行為
・性行為類似の行為(オーラルセックス、性器具の共用など)
・口中に梅毒感染があれば、キスでも感染の可能性あり
血液感染 ・注射器の使い回し
・輸血
・臓器提供 …など
母子感染
(先天梅毒)
・梅毒に感染した母親から胎盤を経由して胎児に感染
 ※ ただし、妊娠初期の梅毒検査により、防ぐことは可能!
郵送性病検査とは…
梅毒は非常に怖い性感染症ですが、現在は治療法も確立されているため、早期発見・治療を行えば、それほど恐ろしい病気ではありません。

しかし、病院に行って検査してもらうにはちょっと抵抗がある…という方も少なくないはずです。

そこで、梅毒検査はしてみたいけど病院には抵抗があるといった方が、人目を気にせず自宅でこっそり性病検査ができる新たなサービスが始まっています。

そのサービスが〝郵送性病検査〟です。

このシステムについてザッと説明すると、ネット上から申込を行い、性病検査キットを郵送してもらい、簡単な方法で血液(あるいは、尿や分泌物)などを自己採取しポストに投函すると、後日検査結果が送られてくる…という流れになっています。

この郵送性病検査を提供している会社はいくつかあるので、下記に代表的な会社を2つほど挙げておくので、いきなり病院に行くのは抵抗があるけど、カンジタ症かどうかのチェックをしてみたいという方は、この郵送検査を、一度、検討してみるのも一法かもしれません。
郵送性病検査キットサービス提供会社
GME医学検査研究所が提供している郵送性病検査サービス。もし仮に検査結果が陽性に出た場合は、GMEが提携している医療機関を紹介してくれるようなので、検査結果を持って病院に足を運べばよい手はずとなっている。また、自分が検査をしてみたい単項目の性病検査が充実しており(梅毒検査のみ申込むことも可能)、利用者のコスト面にも配慮したサービスを展開しているので、検査費用に余裕がないなら、こちらの性病検査キットを検討してみるのも良いだろう。 ふじメディカルでは、検査項目を限定してチェックすることができる(つまり、梅毒だけなど)。単項目だと割高感はあるが、複数の検査項目を含んだセットものに比べれば費用は安価なので、○○の感染の有無だけチェックしたいという方は、ふじメディカルの性病検査サービスを検討してみる価値がありそうだ。ちなみに、気になる検査結果の信憑性だが、当サービスは登録衛生検査所で行っているので、病院や保健所とほぼ同じ精度の検査結果が得られるとのこと。