体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
淋病の潜伏期間と初期症状top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

知らないと怖い !? 淋病の潜伏期間

淋病やクラミジアのような性感染症には〝潜伏期間〟というものがあります。

潜伏期間とは、性感染症を引き起こす病原体には感染しているものの、症状がまだ出ていない期間のことです。

参考までに、淋病をはじめとした主な性感染症の潜伏期間についてまとめると、概ね下記表のようになりますが、ご覧のとおり、病気の種類によって潜伏期間が大きく異なってくることが見てとれます。
主な性感染症と潜伏期間
病名 潜伏期間 主な病原体
淋病 1週間以内 淋菌
クラミジア 1~3週間 クラミジア・トラコマチス
カンジタ 2~7日 カンジタ・アルビカンス
尖圭コンジローマ 1~8ヶ月 ヒト乳頭種ウイルス
性器ヘルペス 2~14日 単純ヘルペスウイルス
梅毒 2~3週間 梅毒トレポネーマ
トリコモナス 1~数週間 トリコモナス原虫
エイズ 数年 エイズウイルス(HIV)
※ 潜伏期間には個人差があるので、上記期間よりも早く(遅く)発症するケースもあります。


さて、この潜伏期間ですが、冒頭でも説明したとおり、症状はまだ出ていないため、異性と性交渉をもっても相手にうつすようなことはないだろうと軽い気持ちでいる方も少なくないようです。

しかし、この潜伏期間とは、病原体が体内で増殖し発症するのを待っている、いわば準備期間のことなので、たとえ、まだ症状が現れていないとしても、性行為によって相手にうつしてしまう可能性は十分にあります。

したがって、潜伏期間中だからといって、淋病が相手にうつらないという考えは大きな間違えです。

※ 淋病が性行為でうつる確率は約3割程度といった意見もあるようですが、性的接触内容(接触時間や行為の内容、体質など)によって大きく変わってくるため、感染率はあまり当てにしない方が良さそうです。

ちなみに、淋病の潜伏期間は個人差はあるものの、概ね1週間以内と考えられていますが、中には2~3週間以上経ってから症状が出始めるケースもあるようなので、1週間以上経過しているからといって、絶対安心という保証はありません(心配な方は、一度、性病検査をお勧めします)。

症状がまだ出ていないだけで、既に感染している状態の潜伏期間は非常に厄介な問題であり、近年は淋病に限らず、この潜伏期間中の性行為による性感染症患者の増加が懸念されています。


コレだけは押える!淋病 初期症状の特徴

個人差もありますが、淋病は2~7日程度の潜伏期間を経て症状が現れます。

どのような症状が現れるかは患者によって様々ですが、淋病は男性と女性とでは、少し異なった症状が見られるため、男女別に症状の特徴についてまとめておきましょう。
男性
男性が病原体である淋菌に感染し、淋病を発症した場合は、比較的、自覚症状がハッキリしているケースが多いようです。

※ ただし、咽頭感染の場合は症状が出にくいと言われています。

典型的な症状としては、下記のような症状が挙げられますが、感染しているにもかかわらずそのまま放置しておくと、尿道内に潜伏している淋菌はさらに奥へ奥へと感染域を広げていくため、前立腺炎や副睾丸炎を併発してしまう恐れがあります。

※ 副睾丸炎になると、精子の通路が詰まってしまい無精子症になるリスクも高まります。

このように、症状が悪化してしまうと治療も難しくなってくるので、淋病の疑いがある場合には、性病検査などで感染しているかどうかをチェックし、もし感染しているようなら治療を先延ばしにしないことが大切です。

※注意:淋病の治療薬は国内では医師の処方が必要ですが、近年は海外で販売されているクラビットなどの治療薬を個人輸入する人も増えているようです。しかし、未承認薬の使用は薬の品質や副作用等のトラブルはすべて自己責任となります。
主な症状
チェック尿道炎による痒みや熱感、激しい排尿痛
チェック尿道口が赤く腫れあがる
チェック尿道口から粘液性の分泌物(黄色っぽい膿)が出てくる …etc
女性
女性の場合は男性と違って、淋病に感染していても特徴的な症状が出にくい(約7~8割程度は無症状という意見も…)と言われており、感染者本人が自覚しないまま病気が進行してしまうケースも少なくありません。

そのため、男性に比べると潜伏期間がハッキリしないようです。

しかし、自覚症状がないとはいえ、淋病に感染している以上、治療を放置していると体内で病原体(淋菌)は増殖し続けてしまうため、男性と同じく感染範囲が拡大し、卵管内や腹腔内にまで達してしまうと、その後遺症として、最悪、不妊症の原因にもなってしまうので早期発見・早期治療が重要です。
主な症状
チェックおりものの増量や悪臭
チェック不正出血
チェック下腹部痛
チェック尿道口から膿が出てくる
チェック排尿痛や残尿感といった排尿障害 …etc




(淋病の年次推移)
男性 女性 総数
H20 8,203 2,015 10,218
H21 7,358 1,927 9,285
H22 8,453 1,874 10,327
H23 8,076 2,171 10,247
H24 7,307 1,941 9,248
H25 7,591 1,897 9,488
H26 7,710 2,095 9,805
参考資料:感染症発生動向調査


性感染症:豆知識

淋病感染者が同時感染しやすい性感染症とは?

淋病感染者はクラミジア感染症を併発しているケースも珍しくはないようです。

クラミジア感染症とは、クラミジア・トラコマチスという細菌の一種が原因で起こる性感染症のひとつで、男性は主に尿道、女性の場合は膣内に感染することが知られています(性器以外にも、眼や咽頭に感染するケースあり)。

あるデータによると、男性は2人に1人、女性は5人に4人は自覚症状がないと言われるほど、クラミジアは気付きにくい性病のひとつだと言われています。

そのため、性病検査をしてはじめて気付いた…という方も多いようですが、一度でもクラミジアに感染してしまった場合、通常は治療せずに自然治癒するということは考えられません。

クラミジア・トラコマチスが人体に感染すると、細胞内に侵入し増殖するため、治療をせずに放置していると、特に女性の場合は感染範囲が広く、淋病と同様、不妊症などの原因にもなりかねないので早期発見、治療が大切です。

 クラミジア感染症の治療を 放置していた場合のトラブル
尿道炎、副睾丸炎、無精子症、子宮頸管炎、卵管炎、卵管狭窄、不妊症、流産、早産、母子感染、エイズ感染率のUP

カフェ

郵送性病検査とは?

性病は知らず知らずのうちに移されているケースも少なくありません。

そのため、不特定多数の異性と接触があったり、風俗店を利用している人などは、一度はきちっと性病検査を受けるべきなのかも知れません。

そこで、近年、病院に抵抗がある方向けに始めたサービスが検査キットを使った郵送による性病検査です。

検査の流れを簡単に説明すると、自分で採取した血液や尿などをポストに投函すると、後日、検査結果が送られてくるというものです。

このサービスを提供している会社は複数ありますが、中でもふじメディカルは検査キットの種類が充実しており、自分が知りたい性感染症の項目だけをチェックすることができます。

一括検査パックに比べれば割高に思えますが、人によっては費用を押えることにもなり検討の余地があるかもしれません。






矢印