体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
金属アレルギーの症状top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押える!金属アレルギーの症状

金属アレルギー症状と言えば、金属製のアクセサリーなどを直接身に付けた周辺部の皮膚に現れる痒みやかぶれ、発疹などを思い浮かべる方が多いかと思われますが、このような症状は最もわかりやすい金属アレルギー症状のひとつに過ぎません。

つまり、体質などによっては金属に直接触れていない部位であっても、何らかのアレルギー症状が現れる人もいるということです。

この点は金属アレルギーが起こる仕組みを理解すると分かりやすいので、まずはそのあたりの仕組みについて説明しましょう。
金属アレルギーが起こる仕組み
通常、ピアスや指輪、ネックレスなどのアクセサリー類に使われている貴金属自体は、水に溶けることもなく、肌に触れたからといって、特に人体に害をなすものではありません。

ところが、身に付けている金属の種類によっては微量ではあるものの、体液(汗や唾液などに含まれている成分が金属の溶出を促す)によって溶けだしてしまうものもあり、その溶け出たイオン化した金属が体内に入り込むと皮膚や粘膜のタンパク質と結合してしまいます。

すると、本来、人の体がもたないタンパク質に変質してしまい、生体はこのタンパク質と結合した物質を異物とみなす(つまり、敵とみなして 追い出すために抗体を作る)ようになり、次の侵入を防ぐために記憶【感作】するため、再び同じイオン化した金属が体内に吸収され結合した場合には拒絶反応を起こすことになります。

その結果、痒みや発疹、かぶれといった金属アレルギー症状が皮膚に現れるわけです。
金属アレルギー(接触性皮膚炎)の主な症状
チェック痒みチェックかぶれチェック痛みチェック腫れチェック発赤チェック発疹チェック丘疹チェック水疱チェック糜爛(びらん)…など

※ 症状や程度には個人差があります。
簡単に説明すると、金属アレルギーは、このようなメカニズムで起こると考えられていますが、では、金属に直接触れていない部分にもアレルギー症状が現れるのはなぜか?

そこで、その代表的なケースである〝歯科金属アレルギー〟を例に挙げ、説明していくことにします。

※ 食べ物(肉や魚、野菜など)にも微量の金属が含まれているため、体質によっては金属アレルギーを引き起こす人もいます。
歯科金属アレルギーとは…
虫歯治療の際の詰め物やブリッジ、冠に使われる歯科金属は合金が用いられることも多く、治療の際に選んだ金属の種類によっては、口の中の唾液や細菌(あるいは、噛むことで摩耗し、イオン化することもある)によって溶け出しやすくなることがあります。

そのため、口の中で溶けだしたイオン化した金属が、唾液や血液を介して全身に回ってしまうと、離れた場所にじわじわと症状が進行してしまい、結果として金属に直接触れていない部位にも金属アレルギーの症状が出てしまう…というわけです。

歯科金属の画像この歯科金属アレルギーの厄介な点は、口の中に溶け出たイオン化した金属が血液を介して全身に運ばれてしまうため、口の中以外にも金属アレルギーの症状が出てしまう恐れがあること、そして、必ずしも歯科金属を原因とするアレルギー症状であるとは簡単に判断できないところにあります。

参考までに歯科金属が引き起こすとされる主な金属アレルギーの症状を下記にまとめておきましょう。
歯科金属が引き起こす主な症状
口内症状(一例)
口内炎、歯肉炎、口唇炎、口角炎、舌炎、口腔粘膜の炎症、口腔扁平苔癬…など
全身症状(一例)
顔面湿疹、手足など全身に見られる痒み・かぶれ、シミ、しわ、肌荒れ、頭痛、立ちくらみ、肩こり、膝・関節の痛、不定愁訴、自律神経失調、物忘れ、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、アトピー性皮膚炎、脱毛症、扁平苔癬…など

※ 症状の有無や程度には個人差があります。



アレルギー症状を起こしやすい金属とは?

金属アレルギー症状が全ての人に起こるかというとそうではなく、体質や皮膚(身体)に触れていた頻度などによっても変わってきます。

また、ひとくちに〝金属〟といっても、その種類は多岐にわたり、金属であればどんなものでもアレルギー症状を起こすというわけではありません。

※ 金、銀、水銀、アルミニウム、コバルト、スズ、パラジウム、チタン、クロム、ニッケル …など

しかし、前項でも説明したように、汗や唾液といった体液によって溶け出し、イオン化した金属が原因と考えられていることから、金属アレルギーを起こしやすい金属というのは確かにあるようです。

中でもニッケルは金属アレルギーを最も起こしやすい金属として位置づけられていますが、錆びにくくて加工しやすいこと、また安価なこともあってか、金メッキの宝飾品の下地として使われる頻度が高いため、注意が必要です。

では最後に、金属アレルギー症状を起こしやすい金属の種類(個人差あり)についてまとめておくので参考にしてみてください。
ニッケルの特徴


全国調査における金属アレルギーの現状報告

アレルギー性接触皮膚炎の全国調査を行い金属アレルギーの調査結果を明らかにした。調査期間は2010年4月から2011年3月までの1年間、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会会員を対象に調査を行った。全国75施設から回答があり、アレルギー性皮膚炎のパッチテスト診断においてジャパニーズスタンダード貼付例は1879例あった。

その症例を解析した結果、陽性率第1位は硫酸ニッケルで14.2%、第2位ウルシノール11.5%、第3位は重クロム酸カリウム8.3%、第4位は塩化コバルト7.6%、第6位が塩化第二水銀と金属が上位を占めた…

【東北大学HPプレスリリース(H24.5.17)より一部抜粋】

宝飾品に使われやすい金属
金属アレルギーを
起こしやすい主な金属
金属アレルギーを
起こしにくい主な金属
・水銀
・ニッケル
・コバルト
・スズ
・クロム
・金
・銀
・白金
・チタン
・ジルコニウム
高低イメージ アレルギー症状の起こりやすさ
ニッケル / コバルト / クロム
亜鉛 / マンガン / 銅
金 / 白金
チタン