体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
紫雲膏でアトピーは改善するかtop
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

紫雲膏でアトピー治療【基礎知識】

紫雲膏を使ったらアトピーの症状がよくなった!

アトピー性皮膚炎で悩む方にとっては少なからず気になる情報かもしれません。

そこで、紫雲膏とは何か?

本当にアトピーに効くのか・・・!?

そのあたりの情報の信憑性について少し整理しておきましょう。
紫雲膏とは…
紫雲膏とは、紫根(シコン)・当帰(トウキ)と呼ばれる2種類の生薬を、胡麻油、蜜蝋、豚脂と一緒に加熱抽出して作られる軟膏のことで、江戸時代末期の漢方医 花岡青洲によって創案された塗り薬です。
効果・効能

ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、ただれ、外傷、火傷、痔核による疼痛、肛門裂傷、湿疹、皮膚炎

【参考:ウチダの紫雲膏】
現在、紫雲膏は複数のメーカーから出ていますが、どのメーカーのものであっても、ほぼ上記のような症状に効果を発揮する塗り薬として販売されており、特にアトピー性皮膚炎の治療薬として販売されているわけではありません。

しかし、アトピーで悩む一部の患者の間では、この紫雲膏でアトピーの症状が改善したという声が少なからず聞こえてきます。

では、なぜアトピー患者の間で紫雲膏が使われるようになったのでしょう。
紫雲膏に含まれる生薬の働き
紫雲膏に含まれる成分や作り方は、各メーカーによって異なってくるようですが、中でも特に注目すべき成分が〝紫根〟と〝当帰〟です。
紫根(シコン) 当帰(トウキ)
ムラサキと呼ばれる多年草木の根を乾燥させ生薬のひとつ。紫根には様々な作用(殺菌、解毒作用、抗炎症作用、保湿作用など)があることが知られているが、特に肌の炎症を抑えて治癒力を高める作用に優れており、肌を潤す力もある。 セリ科の多年草であるトウキの根を湯通しして乾燥させた生薬のひとつ。当帰には血圧降下、抹消血管拡張作用による血行促進作用があるほか、 抗炎症作用、抗アレルギー作用、育毛効果があると考えられている。
紫根の画像 当帰の画像
簡単にまとめると、紫根がもつ殺菌や抗炎症作用、そして血行促進作用に優れた当帰との相乗効果には多くの改善効果が期待できるため、アトピーのような湿疹に対しても効果を発揮(肌の異常を治し皮膚の修復作用)するのではないかと考えられているようです。

紫雲膏でアトピー治療!の落とし穴

アトピーの治療に市販の紫雲膏を使われている方は少なくありませんが、紫雲膏は、本来、前項で示した効果・効能をもった医薬品なので、アトピー性皮膚炎の改善を目的とした専用の治療薬として販売されているわけではありません。

軟膏の画像したがって、紫雲膏を使ったからといってアトピー体質で悩んでいる人すべてに改善効果が期待できるとは限りません。

また、一般的に漢方薬は西洋薬に比べると副作用等のリスクは軽いと考えられているようですが、アトピーの症状や体質によっては、紫雲膏が肌に合わない人もいるので注意が必要です。
紫雲膏の特徴と使用上の主な注意点
チェック胡麻油や豚脂が練りこんであるため、独特の臭いを放つことから、人によっては抵抗がある!

チェックカサカサと乾燥した暗い赤紫色をしたアトピー症状に対しては改善効果が期待できるケースもあるが、真っ赤な色や分泌物が出てジュクジュクしているような重度の症状には好ましくない!

チェック血行促進作用があるため、痒みが増すこともある!

チェック紫雲膏を塗り過ぎると、かえって肌荒れを悪化させてしまうことがある!

チェック紫根による影響で軟膏自体は紫色【上記:参考画像】をしており、色が衣類にうつることもある!
紫雲膏の発売元は複数(ウチダ、クラシエ薬品、小太郎漢方製薬など)あり、各メーカーによって成分の配合割合や作り方が違ってきます。

そのため、メーカーによっては使用する患者の症状や体質によって合う合わないということもあるようなので、アトピーの改善目的に紫雲膏の利用を考えている方は様子を見ながら少しずつ使った方が良さそうです。




アトピー:豆知識

ステロイド軟膏の功罪とは?

ステロイド軟膏には血管収縮作用があるため、赤く腫れた血管を収縮させ炎症を抑える効果があることから、アトピー性皮膚炎の症状がひどく、激しい痒みを伴っているときには、ステロイド軟膏が処方されやすいようです。

ステロイド軟膏は、専門医による正しい知識と理解をもって、短期間使用する分には、非常に役立つ優れた治療薬と言えますが、長期間使用し続けると次のような副作用が起こりやすくなるため、ステロイド軟こうに頼りすぎるのも考えもののようです(特に顔には副作用が出やすいといった意見もある)。

主な副作用
・酒さ様皮膚炎
・皮膚萎縮
・にきび
・ステロイド潮紅
・毛細血管拡張…など
そのため、症状が軽くなってきたら、様子を見ながらステロイド軟膏の使用を少しずつ減らしていき、紫雲膏や太乙膏(たいつこう)、中黄膏(ちゅうおうこう)といった漢方の塗り薬を利用している方もいるようです。

※ ただし、すべてのアトピー患者に改善効果が見られるとは限らないので、漢方の塗り薬などを使用する際は細心の注意が必要です。

カフェ



(ダイコー)



(クラシエ)



(ウチダ)