体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
早漏防止スプレーtop
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押さえる!早漏防止スプレーの基礎知識

早漏は自分の意思で射精をコントロールすることができないだけに、強いコンプレックスを抱いている人は多く、ある意味、包茎よりも厄介な問題かもしれません。

※ 早漏は様々な要因(遺伝、精神、ストレス、内分泌、射精コントロール、性器の過敏など)が複雑に絡み合って生じているケースも多く、その原因を特定することは難しいようです。

早漏の悩みイメージまた、この手の性の悩みや他人には話しづらいため、早漏に関する情報が自分の耳には中々入ってこないのが現状です。

そこで、早漏とはどんな症状を指すのか?早漏対策に有効な早漏防止スプレーとはいったいどのような仕組みなのか? その辺りの疑問について解り易くまとめておくので参考にしてみてください。
早漏とは…(早漏の定義)
一般的に早漏とは「性的刺激を受けてから射精に至るまでの時間が短い人」と認識されていますが、医学的にみると早漏の定義は諸説あり、いまだ明確な定義はありません。
諸説ある早漏の定義
チェック時間を基準としたもの(挿入後、概ね2分以内に射精してしまう…など)
チェック挿入後のピストン運動回数を基準としたもの(概ね10回以内…など)
チェック射精のコントロール(本人の意思に反して射精してしまう)を基準としたもの
ただし、性機能障害に関する国際コンサルテーション会議(2003年)において、次のような勧告が出されたため、現在は下記の条件に当てはまる場合に早漏と診断されることが多いようです。
最新の定義
(1) 膣内射精潜時(膣内にペニスを挿入してから射精までの時間)が短い…
 ※ 診断基準に合致する必要は無いが、膣内射精潜時の目安を、通常2分以内とする。

(2) 射精のコントロールが不能…

(3) 本人、またはパートナーの心理的な苦痛…
【参考:大東製薬工業㈱HP】
早漏防止スプレーの役割
上記の定義に当てはまる・当てはまらないはともかく、なにより早漏でいることで困ることは、異性との性行為が楽しめない点です。

特に挿入前(あるいは挿入途中)なのにもかかわらず、我慢できず射精してしまったり、挿入することはできても2~3回のピストン運動でイッてしまうようでは、どうしても場の空気が気まずくなってしまうのは避けられません。

現在、早漏を克服するための方法はいくつか編み出されていますが、一時的ではあるものの、即効性があり簡単に実践できる対処法のひとつが早漏防止スプレーです。

早漏防止スプレーの利点早漏防止スプレーにも様々なタイプの商品がありますが、その大半は陰茎(ペニス)の感度を鈍らせる(感じにくくさせる)成分を、直接、スプレーで吹きつけることによって射精に至るまでの時間を持続させる仕組みをとっているため、使用していることが気付かれにくく使い方も簡単です。

※ オーラルセックスをした場合、女性の口に軽い痺れや違和感が残ることもあるようです。

そのため、早漏でいることに強いコンプレックスを抱いている方は、一度、早漏防止スプレーのような市販グッズを検討してみるのもよいかもしれません。

知っ得 !? 定番の早漏防止スプレー その効果と特徴

現在、ネット通販などを利用して購入できる早漏防止スプレーの種類は無数にありますが、中には成分がよく分からないものもあるようです。

そこで、数ある早漏防止スプレーの中から、比較的、効果が高いと言われている定番商品を2つほど紹介しておくので興味のある方は参考にしてみてください。
プロコミルスプレー
最近は取り扱いを停止しているショップも増えているようですが、ドイツで開発された定番の早漏防止スプレーが『プロコミルスプレー』です。

プロコミルスプレー画像主成分である〝リドカイン〟は、局所麻酔薬(皮膚や粘膜の知覚神経を麻痺させる)としての作用があり、男性器に直接吹き付けることで、過敏になっているペニスの感覚を一時的に鈍らせることで早漏を抑制します。

※ ただし、効果や持続時間については個人差があります。

プロコミルスプレーの使い方は至って簡単で、性行為に及ぶ約20~30分前に男性器に向かって2~3回スプレーするだけで、その後シャワーを浴びても持続効果に影響はないようです。

また、リドカインは虫刺されの痒み止め薬や点鼻薬にも使われていることから毒性も低く、正しく使用する分には安全性の高い早漏防止スプレーだといわれているので、その点が愛用者の多い定番商品となっているのかもしれません。

※ 体質によっては稀に軽い勃起障害などが起こりうる可能性もあるようなので、必ず用量・用法は守って使うようにしましょう。
ネオリドスプレー
従来のリドカインを主成分としたリドスプレーに代わり、ごく僅かでも副作用等の危険があるリドカインを廃して天然成分(チュカガエキス)を使用した早漏防止スプレーが『ネオリドスプレー』です。

※ ただし、天然成分とはいっても肌への異常(かぶれ等)が見られた場合は使用を中止すべきです。

商品のキモとなっているメキシコ産チュカガエキスは、現地では歯痛の際にも用いられている天然成分であり、この主成分がペニスの感覚を一時的に鈍らせ早漏を抑制します。

また、性行為に及ぶ約10分前に性器に向かって軽くスプレー(2~3回)するだけなので使い方も至って簡単です。

早漏防止スプレーの効果や使用感については個人差もあるので、リドカインのような局所麻酔薬に抵抗があるなら、このネオリドスプレーを検討してみるのも悪くはないかもしれません。




早漏防止:豆知識

早漏予防の医薬品『トノス』って何?

大東製薬工業株式会社が製造販売している早漏予防に有効な医薬品が『トノス』です。

トノスはプロコミルスプレーのような吹きつけタイプの商品とは異なり、局所麻痺剤が配合されている薬剤を亀頭部へ、直接塗布する塗り薬タイプの医薬品ですが、男性器の感覚を鈍らせ早漏を抑制するという仕組みにおいてはほぼ同じとみてよいでしょう。

※ ちなみに 公式HPによると、塗布後、麻痺感が生じるまでの時間は個人差もありますが、通常5~20分程度のようです。また、トノスに配合されている局所麻痺剤の効果は約1時間程度とみられていますが、体質や塗布量によって2時間異常持続する方もいるようです。

ただし、スプレータイプの早漏防止アイテムとは異なり、薬剤を塗布し亀頭部に麻痺感が生じたら、患部を洗い流すか拭き取って性行為に及ぶ(ふき取りや洗い流すことができない場合はコンドームを使用するようススメています)ことを推奨しています。

また、個人差もありますが、トノスには早漏予防の他、男子更年期障害(勃起力減退/精力減退/遺精/夢精/早漏/性器不全など)の回復にも期待できるようなので、スプレータイプの早漏防止商品にはちょっと抵抗があるという方は、医薬品である『トノス』を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、稀にトノスの成分が肌に合わず、接触皮膚炎と呼ばれる発赤や腫れが生じる恐れもあるようなので、異常が見られたら場合は、使用を控えるようにしましょう。

※ 症状が悪化しているような場合は専門医(皮膚科医等)に相談することをおススメします。

トノスの使用方法
Step1:性行為に及ぶ20~30分前にトノスを約0.1g(小豆大)亀頭部へ塗る。

※ 塗る前には予め性器と手指を十分に洗い、一般に敏感な、いわゆる「カリ」の部分を中心に塗ると良い。また、尿道口とその内部へは塗らない。

Step2:塗った後、亀頭部に麻ひ感が生じたら塗布部を拭き取るか洗い流す。

※ 拭き取りや洗い流すことができない時はコンドームを使用。



カフェ