体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
包茎はいじめられるか?top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

包茎はいじめられる?意外と知らない包茎に対する誤解と誤った知識

このページをご覧になっているということは、おそらくいつまでも包茎でいると、いつかいじめられるかも…という悩みを、少なからず抱えている方かと思われます。

そこで、包茎でいると本当にいじめられるのか・・・!?

その点について少し触れておきましょう。
日本人に仮性包茎が多い理由
包茎手術がほぼ慣例化しているアメリカやアフリカなど、衛生上の問題(エイズ感染率を下げると考えられています)や、宗教上の理由(イスラム教徒やユダヤ教徒に対するいわゆる割礼)から、出産後の赤子のペニスにメスを入れ、強制的に露茎(←勃起時だけではなく、平常時も常に亀頭が露出している状態のペニス)にする包皮除去手術を行っている国は確かにあります。

※ お隣の韓国では徴兵時までに包茎手術を受ける人が多いようです。

赤子の包茎手術イメージところが、日本ではこうした割礼の儀式などはなく、生まれたばかりの赤子の性器にメスをいれることに抵抗のある親も多いことから、半ば強制的に包皮除去手術を行うといったケースは少ないようです。

※ イギリスやデンマーク等のヨーロッパ諸国においても包茎手術を受ける人は少ないようで、包茎の方は多いようです。

そのため、身体の成長と共に次第に包皮が剥けていき、18~20歳を迎える頃には〝露茎〟になっていたという日本人は過半数にも満たないというのが実情のようなので、包茎であることが、即、いじめられる原因につながるとは考えにくいものがあります。

※ 日本人の8割(あるいは、3人中2人説)は仮性包茎であるといった話もよく聞こえてきますが、この種のデータは少ないため、仮性包茎の方が多いというのは事実かと思われますが、正確な統計については定かではありません。

つまり、仮性包茎が多いとされる日本では、大衆浴場などで一時的に〝冷やかされる〟ことはあっても、その冷やかしが〝いじめ〟に発展するとは考えにくいものがあります。

したがって、仮性包茎〝だから〟いじめられるといった図式は成り立たず、いじめられる大元の原因は包茎以外にあるとみるべきでしょう。

※ 一方、お隣の国〝韓国〟では包茎手術が一般化(8割以上とも言われています)しているようで、徴兵後にいじめられることを恐れ、徴兵前に包茎手術に踏み切る男性は多いようです。
過剰な経営戦略による擦り込み
日本人は、この手の話題をタブー視する傾向の強い民族のようで、自分で調べないかぎり、包茎に関する情報はほとんど耳に入ってきません。

そのため、新聞や雑誌の広告欄で目にする《包茎はカッコ悪い!臭くて不潔!女性に嫌われる!》といった、包茎でいることのマイナス点ばかり強調したキャッチフレーズを正しい情報として鵜呑みにしてしまっている人も多く、いつの間にか包茎でいるといじめられるのでは?といった不安や錯覚に陥ってしまうようです。

しかし、包茎にも種類(仮性包茎、真性包茎、カントン包茎)があるように、日本人に多いとされる〝仮性包茎〟の多くは手術をせずとも何ら日常生活(性生活も含む)に支障はありません。

したがって、平常時は皮被りでも、手を使えば何の問題もなく包皮を剥いて亀頭を露出させることができ、勃起時に包皮口の締め付けによる痛みがない状態を維持できる程度の仮性包茎ならば、日常生活や性生活において特に支障はないので、わざわざ手術をしてまで矯正する必要はないでしょう。

※ 真性包茎(包皮が剥けず亀頭を露出させることができない…など)やカントン包茎(包皮の開口部が狭く、勃起時に陰茎を締め付け痛みを伴う…など)の方は、手術をして治した方がよいケースもあります。


知っておいて損はない!包茎手術が必要!のウソ・ホント

前項でも触れたとおり、包茎でいること自体がいじめられるわけではありません。

それどころか、割礼や出産後の包皮除去手術が慣例化していない日本においては、幼い内に包茎手術をしたことで、かえって周りの友達から〝からかわれる〟対象になることもあるようです。

ネットや紙面広告では「包茎は手術が必要!」と強調する謳い文句も目にしますが、あなたの包茎の状態によっては必ずしも手術をしてまで治さなければならない切迫した理由があるとは限りません。

そのため、大半の仮性包茎の方は、性生活を含めた日常生活に何ら支障のない包茎であるケースが多いということを、まずは理解した上で慎重に検討するべきです。
知っ得 !? 手術が必要!のウソ・ホント
チェック包茎は手術が必要のウソ・ホント!

真性包茎やカントン包茎は別として、仮性包茎の大半は必ずしも手術をして治さなければならない医学的な理由は特に見当たらない。

チェック包茎は不潔のウソ・ホント!

仮性包茎の大半は手で包皮を剥くことができるため、日頃から入浴中、よく洗って清潔にしていれば、臭いや衛生面で問題になることはほとんどない。

チェック包茎は女性に嫌われるのウソ・ホント!

衛生面にさえ気をつけていれば、女性の大半は仮性包茎であることを特に気にしていない(包茎って何?という女性も実は意外と多い)。

チェック包茎や早漏・短小のもとのウソ・ホント!

包茎は亀頭が包皮に覆われているため、露茎に比べ、刺激に対し敏感になりやすいのは確かだが、包茎だからといって必ずしも早漏になるとは限らない(亀頭は下着の摩擦などにより鍛えられる)。一方、身長と同じように陰茎も発育するため、亀頭が常に包皮に覆われていると成長が遅れるという説はあながち間違いではないが個人差はある。

チェック包茎は性感染症にかかりやすいのウソ・ホント!

包茎の方の皮膚は弱いケースも多いようで、性行時の摩擦によって包皮が炎症(細かい傷)を起すことはある。大半の性感染症は粘膜の接触による直接感染なので、細かい傷があると病原体が侵入しやすい…という説は確かに間違いではないが、露茎であっても感染する人は感染する。
しかし、頭では理解できても、男として包茎でいることに強いコンプレックスを抱いている方は多いようで、口には出せなくても「できることなら矯正したい!」というのが本音かもしれません。

そこで、仮性包茎でいることに悩んでいる方は、手術よりもリスクが少なく、安価で自宅で簡単に実践できる定評ある仮性包茎矯正器具から試してみるのも一法かもしれません。
マイラップってなに?

数あるリングタイプの包茎矯正器具の中では、最もポピュラーな定番グッズのひとつで、発売から10年以上経った今でも消えることなく根強い人気を誇っています。

気になる使用感ですが、スタンダードタイプのリングは弾力性のあるシリコンゴムを使ってはいるものの、やや硬めに感じられるため、亀頭部の刺激に特に敏感な人は慣れるまで、その硬さに痛みを感じてしまう(特に勃起時)方も多いようです。

また、構造がシンプルなだけに、しっかりと装着したつもりでも、包皮が長いと皮がリングを乗り越えてしまうため、包皮のあまり具合によっては効果がないケースもあり、マイラップは比較的経度の仮性包茎向きの矯正器具といえるかもしれません。
仮性包茎矯正リング マイラップ(スタンダードタイプ)【艶くらぶ】
仮性包茎矯正リング マイラップ(スタ...
2,592円
商品ページへ
Ads by 電脳卸