体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
仮性包茎の矯正方法top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押さえる!仮性包茎:矯正方法の基礎知識

仮性包茎矯正する方法は大きく2つ、① 外科手術と ② 矯正器具を使って剥き癖をつける方法とに分けることができます。

あなたにとってどちらの矯正方法がベストかは仮性包茎の程度によって変わってくるので、一概に①の外科手術の方がよい!とは断言できません。

むしろ、何の問題もなく包皮を剥き、自由に亀頭を露出させる状態が作り出せるのであれば、リスクや費用負担の小さい②の矯正器具で様子を見てみるのも一法でしょう。
外科手術 包茎強制器具
メリット ・確実性 ・リスクが小さい
・誰にも知られずこっそり行える
・費用が安価
デメリット ・費用が高い
・リスクが大きい
※ 傷跡/包皮の切り過ぎ/性感帯の切除 等
・不確実(必ず矯正できる保証はない)
・矯正までに時間がかかる
・注意しないと装着してることがバレる
巷では、包茎でいることは恥ずかしい(カッコ悪い)ことといった風潮があるようですが、実は日本人男性の過半数以上は仮性包茎だと言われています。

※ この種のデータは乏しいことから、仮性包茎が多いというのは事実としても、正確な統計については定かではありません。

また、たとえ仮性包茎(一部の重度仮性包茎は除く)であっても、衛生面に気をつけていれば、日常生活や性生活において何ら支障はありません。

※ 亀頭を露出させることができない真性包茎やカントン包茎(包皮の開口部が狭く、陰茎を締め付け痛みを伴う…など)の方は手術による矯正が必要なケースも出てきます。

しかし、そうはいっても、男として仮性包茎でいることに強いコンプレックスを抱いているという方は意外と多いようで、口には出せなくても「できることなら矯正したい!」というのが本音のようです。

そこで、参考までに手頃な価格で自宅で簡単に実践できる定評ある仮性包茎矯正器具を2つほど紹介しておくので、即効性はあるもののリスクや費用面での負担が大きい外科手術を検討する前に、まずは下記で紹介するような定番グッズからはじめてみるのも良いかもしれません。


知ってるようで意外と知らない?仮性包茎矯正器具の種類と効果

ネット通販で購入できる包茎矯正グッズは、仮性包茎矯正を目的とした器具が大半を占めます。

市販の仮性包茎矯正グッズを大雑把に分類すると ① リングタイプ ② 下着タイプ ③ 接着剤(シール)タイプの3種類に分けることができますが、中でもリスクの少ない比較的ポピュラーな矯正器具は次のとおりです。

※ 包茎矯正グッズによる矯正は外科手術ほど確実性はありません。そのため、矯正器具を装着したからといって、必ずしも包茎が治る保証はないということを十分に理解しておいて下さい。
バイオバイタル・パンツ(下着タイプ)
元祖包茎矯正下着と呼ばれる『ビガーパンツ』の正式な後継商品に該当するのが、この『バイオバイタルパンツ』です。

従来のビガーパンツに固定されていたリングにも伸縮性はありましたが、限界があったようで、陰茎の太さによってはリングサイズが合わないといった問題点がみられました。

ところが、バイオバイタルパンツは、リング位置が調節できるような工夫(性器を入れるリング部分をクリップで調節)が施されていることから、自分のベストポジションに合わせることができるため、自由度の高い機能を備えているのが特徴です。

ただし、クリップで調節できる分、位置の調節を上手くしないと包皮が引っ張られて痛みを伴ったり、用を足すとき面倒である…といったユーザーからの声も聞こえてきます。

バイオバイタルパンツは、外見上、一般の下着(トランクスタイプとブリーフタイプがある)と何ら変わりないので、下着を裏返さないかぎり、包茎矯正器具を使っていることがバレる心配はまずありません。

そのため、マイラップのようなリングタイプの包茎矯正器具に抵抗があるという方は下着タイプの包茎矯正グッズを試してみるのもよいかもしれません。
マイラップ(リングタイプ)
数あるリングタイプの仮性包茎矯正器具の中では最もポピュラーな定番商品として売れているグッズが、この『マイラップ』です。

気になる使用感ですが、スタンダードタイプのリングは弾力性のあるシリコンゴムを使ってはいるものの、やや硬めに感じられるため、亀頭部の刺激に特に敏感な人は、その硬さに慣れるまで痛みを感じてしまう(特に勃起時)方もいるようです。

また、構造がシンプルなだけに、しっかりと装着したつもりでも、包皮が長いと皮がリングを乗り越えてしまうため、包皮のあまり具合によっては効果がないケースもあるようです。

そのため、マイラップはどちらかというと比較的〝軽度〟の仮性包茎向きの矯正器具なので、包皮の状態によっては右記、豆知識で紹介するサフィットのような矯正器具の方が適しているかもしれません。


包茎強制グッズ:豆知識

仮性包茎矯正器具サフィットの効果と使用感

1層構造のマイラップとは異なり、シリコン素材のリングを2つ組み合わせ、2層構造にした器具を陰茎に装着するタイプのものが『サフィット』です。
サフィットの構造
2層構造にすることで、亀頭を確実に露出させる機能がアップしているため、マイラップでは包皮がリングを乗り越えてしまうといった重度(包皮が長い)の仮性包茎の方にも、ある程度、対応できる機能が備わっているようです。

また、サフィットは使用者の性器の大きさにも配慮した工夫(大きさの異なるリングが3種類(大/中/小)セットになって販売されているため、自分のペニスの大きさに合わせて先端に装着するリングを調節することができる)がみられ、サイズが合わないといったリスクを回避することができる点も定番商品として指示され続けている理由のひとつなのかもしれません。

ただし、連結するパーツの突起部がプラスチック製なので、刺激に敏感な方が装着すると、パーツに亀頭が当たって痛みを感じてしまう…といった、サフィットならではの問題点もみられるようです。

市販の矯正器具は装着者の陰茎の太さや刺激に対する敏感さなどが影響してくるため、その使用感についてはどうしても個人差が大きく出てしまいます。

しかし、いずれの商品も手頃な価格で販売されているので、複数の商品を試しながら使いやすいと思えたものを探すことが大切です。





仮性包茎矯正リング マイラップ(スタンダードタイプ)【艶くらぶ】
仮性包茎矯正リング マイラップ(スタ...
2,592円
商品ページへ
Ads by 電脳卸