体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
レビトラの副作用top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押さえる!レビトラ 副作用の基礎知識

レビトラはバイアグラよりも即効性(利き目が早い)があり、副作用の少ないED治療薬として、近年、注目を集めていますが、副作用がまったく起こらないわけではありません。

レビトラの有効成分〝バルデナフィル〟には血管拡張作用があることから、ニトログリセリン等の硝酸薬などを定期的に服用しているような方が服用してしまうと、重い副作用が生じたり、最悪の場合、命を落としてしまう危険さえあると言われています。

レビトラ10mg (日本バイエル製薬)画像健康な成人男性が医師の指導の下、レビトラを服用する分には、リスクの少ない(あるいは、副作用が起こっても症状は軽い)効果的なED治療薬として期待されていますが、服用者の中には頭痛や顔のほてりなどの症状を感じたという方は意外と多いようです。

しかし、レビトラ服用後に現れる軽い頭痛や顔のほてり、あるいは、目の充血、鼻づまりといった症状は一時的なものであり、しばらくすれば、それらの症状は次第に治まってくるようです。

※ ただし、症状が重かったり、6時間以上経過しても頭痛などが治まらない場合は医師に相談することをおススメします。
主な副作用
主な症状

チェック頭痛チェック動悸チェック鼻づまりチェック顔面紅潮チェック胸やけチェック眩暈チェック顔のほてりチェック目の充血チェック胃不快…など

稀にみられる症状

チェック勃起機能の喪失
チェック持続勃起症
チェック陰茎組織損傷
チェック一時的な視覚異常(まぶしい・色が変わって見える…など)
チェック死亡(ただし、服用禁忌者によるケースが多い。詳細は次項で説明)
とはいえ、特に4時間以上の勃起や痛みを伴う〝持続勃起症〟のような副作用が発現した場合は、そのまま放置しておくと陰茎組織の損傷や勃起機能の完全不能を招く恐れもあり危険なので、早急に医師に相談することをおススメします。


治療薬

要注意!副作用が怖いレビトラの主な併用禁忌薬一覧

レビトラはバイアグラに次ぐ経口タイプのED治療薬として、日本国内では2004年6月より販売(当初はレビトラ錠5mgと10mgのみ販売。2007年7月より高用量のレビトラ錠20mgの販売を開始)が開始されていますが、バイアグラもレビトラも、ED(勃起不全)に対し、高い改善効果が期待できるという点においては特に違いはありません。

※ レビトラよりもバイアグラの方が自分には効果があったという方もいるようです。

しかし、レビトラは従来のバイアグラに比べ、併用禁忌薬が多い!といった特徴もみられるので、重い副作用等を起さないためにも、レビトラの服用を考えている方は併用禁忌薬などにも細心の注意を払う必要がありそうです。

※ 既に何かしらの薬を服用している方で、医師にレビトラを処方してもらう際には、必ず服用中の薬があることを告げてください(あるいは、薬を持参する)。

そこで、レビトラの併用禁忌薬に指定されている主な薬品名を下記一覧表にまとめておくので、少し参考にしてみてください(注:ただし、表以外にも併用禁忌薬はあるので、必ず医師の指示に従ってください)。
硝酸剤の商品名
アイスラール錠20mg アイトロール錠10mg/20mg アイロクール錠20mg 亜硝酸アミル アパティアテープ
アンタップR イソコロナールRカプセル イソニトール錠20 イソピット イソモニット錠20mg
エスタット錠5mg L-オーネスゲン錠 カリアントSRカプセル20mg カリアントTPカプセル 冠動注用ミリスロール0.5mg/10mL
コバインター錠5mg コンスピット錠 サークレス注0.05%/0.1% サワドールL錠 サワドールテープ
ジアセラL錠 シグマート錠2.5mg/5mg シグマート注2mg/12mg/48mg シグランコート錠2.5mg/5mg ジドレンテープ
シベラント錠5mg 硝酸イソソルビド錠(ツルハラ) 硝酸イソソルビドテープ[EMEC] シルビノール錠5mg ステンベルガー錠5mg
ソプレロール錠20mg タイシロール錠20mg ニコランジス錠2.5mg/5mg ニコランタ錠5 ニコランマート錠5mg
ニトプロ注 ニトラステープ ニトルビン錠5 ニトロールRカプセル20mg ニトロール錠5mg
ニトロールスプレー ニトロール注5mg/50mg/100mg ニトロール注バッグ50mg/100mg ニトログリセリン錠山川 ニトログリセリン注25mg/50mg[HK]
ニトロダームTTS ニトロバイド錠5mg ニトロペン錠 ハイパジールコーワ錠3/錠6 バソレーター注5mg/注50mg
バソレーターテープ バソレーター軟膏 バンリール錠20mg フランドル錠20mg フランドルテープ
ヘルピニン-Rカプセル ミオコールスプレー ミオコール注5mg/50mg ミニトロテープ ミリステープ
ミリスロール注 メディトランステープ リファタックL錠 リファタックテープ
※ 硝酸剤には飲み薬のほか、貼り薬、塗り薬、舌下錠、吸引薬、注射、スプレーなどがあります。
抗真菌薬(内服)の商品名
イコナゾンカプセル50 イデノラートカプセル50mg イトラートカプセル50 イトラコナゾール錠50/100 MEEK イトラコネート錠50mg
イトラコンカプセル50 イトラリール錠50/100 イトリゾールカプセル50 イトリゾール注1% イトリゾール内服液1%
トラコナ錠50mg/100mg
抗ウイルス薬の商品名
インビラーゼカプセル インビラーゼ錠500mg カレトラ錠 カレトラ・ソフトカプセル カレトラ・リキッド
クリキシバンカプセル ノービア・ソフトカプセル100mg ノービア・リキッド フォートベイスカプセル レイアタッツカプセル150mg/200mg
レクシヴァ錠700
抗不整脈薬の商品名
アジマリン錠50「イセイ」 アジマリン錠「ヨウシン」 アミオダロン塩酸塩錠100mg「サワイ」・「サンド」 アミサリン錠125mg/250mg アミサリン注
アンカロン錠100 アンカロン注150 ジソピラR錠 ジソピラミドカプセル100mg「タイヨー」 ジソピランカプセル
シノベジール錠50mg/100mg シベノール錠50mg/100mg シベノール注射液 シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg「サワイ」・「タナベ」 シンビット静注用50mg
ソタコール錠40mg/80mg ソピラート「カプセル」 タイリンダーR錠 タイリンダーカプセル チヨバンカプセル50mg/100mg
ノルペース50mg/100mg ノルペースCR錠 ピメノールカプセル50mg/100mg ファンミルR錠 ファンミルカプセル
硫酸キニジン錠 硫酸キニジン「ホエイ」 硫酸キニジン錠「ホエイ」 リスピンR錠150mg リスピンカプセル100mg
リスモダンR錠150mg リスモダンカプセル50mg/100mg リスモダンP注 リスラミドR錠150mg リゾラミドR錠
リゾラミドカプセル
※ 要注意!… レビトラの併用禁忌薬をすべて網羅した一覧表ではありません。

レビトラの個人輸入を考えている方へ…

現在、日本国内において医師による処方が認められている経口タイプのED治療薬は3種類ありますが、そのひとつが日本バイエル製薬から販売されている『レビトラ錠』です。

※ 現在、100mg錠やカプセルタイプのレビトラは存在しない!(あるとすれば偽造…)

レビトラはバイアグラに比べて副作用が少なく即効性があることから、服用を希望するED患者も多いようですが、残念ながら、日本国内においては、バイアグラ同様、原則、医師の処方を必要とする医療法医薬品に指定されています。

レビトラ(日本バイエル製薬)画像そのため、ED治療薬を病院で処方してもらうのは恥ずかしい…でも、薬は欲しい…といった方が、海外で販売されているレビトラを個人輸入代行業者を介して購入されている方も多いようです。

※ 海外で販売されている医薬品を営業目的で輸入する場合は、薬事法の規定により厚生労働大臣の許可が必要ですが、個人で使用することを目的とした国内への持込に対しては、この許可が免除されるため〝違法〟ではありません。

レビトラは健全な成人男性が服用するのであれば薬によるリスクは少ないと言われていますが、海外で販売されている未承認薬を個人輸入された場合、服用したことによる副作用や下記に挙げるような事項はすべて〝自己責任〟となるので、個人輸入を検討している方は、その点を十分に肝に銘じた上で購入するようにしてください。
個人輸入の際の注意点
チェック購入金額によっては関税が発生する!

チェック個人輸入代行による商品の発送先は自宅発送しか認めていない代行業者が多い!

チェック医師の処方を受けず自身の判断で海外製レビトラを個人輸入した場合、服用(品質なども含む)したことによる副作用はすべて自己責任となる!

チェッククーリングオフ制度の適応はない!

チェック個人輸入代行業者に対し、薬品(効果・副作用など)に関する説明を求めても薬事法の規定により答えてもらえない!(つまり、レビトラに関する知識は全て自分で情報収集が必要)