体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
レビトラの効果top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押さえる!レビトラの効果と基礎知識

レビトラはバイアグラと同じく、ED(勃起不全)の改善効果が期待できる経口タイプの治療薬ですが、両治療薬の効果と服用方法には、若干違いが見られます。

日本国内におけるレビトラの扱いは、医師の処方を必要とする医療用医薬品なので、医師の指示どおりに服用する分には特に問題となりませんが、近年は海外で販売されているレビトラを個人輸入代行業者を介して、こっそりと入手されている方も増えており、そのリスクが懸念されています。

レビトラ20mg (日本バイエル製薬)画像※ 海外製レビトラは日本国内で販売されているレビトラとは異なり、厚生労働省による安全性と有効性が確認されているわけではありません。

そこで、レビトラとはいったいどんな治療薬で、どのような効果があるのか…?

下記に解りやすくまとめておくので、ED治療薬の服用を検討している方は、医師に相談する前の基礎知識として少し参考にしてみてください。
レビトラでEDが改善する理由
レビトラがED治療に効果があるとされる理由を説明するには、まず、陰茎(ペニス)が勃起するメカニズムを理解しておく必要があります。

陰茎には無数の神経と血管が集まっていますが、男性は性的興奮や刺激を受けると、陰茎海綿体の平滑筋が弛緩し動脈が拡張します。

すると、大量の血液が陰茎内へと流れ込むため、スポンジのように血液を大量に吸い込んだ海綿体がパンパンに膨れ上がることで、陰茎がむくっと起き上がった状態になるのです。

ところが、ED患者のペニスは、平滑筋の弛緩機能と深く関わっている物質(cGMP)が少ない(cGMPを分解してしまう酵素【PDE-5】の分泌量が多いことが原因と考えられている)ために、勃起に必要な十分な血液が陰茎に流れ込まず、その結果、勃起症状が見られなかったり、勃起してもすぐに萎えてしまう勃起障害が起こっていると考えられています。

レビトラには、この勃起の邪魔をする酵素【PDE-5】の働きを阻害する成分〝バルデナフィル〟が含まれているため、ED患者がレビトラを服用すると、一時的に陰茎内への血液流入が増加し、勃起することができるというわけです。
レビトラの特徴
レビトラはバイアグラに次ぐ経口タイプのED治療薬として注目を集めていますが、日本国内では2004年4月、バイエル薬品株式会社が厚生労働省から製造販売の承認を取得し、同年6月より販売を開始しています。

※ 当初はレビトラ錠5mgと10mgのみ販売。2007年7月より高用量のレビトラ錠20mgの販売を開始。

バイアグラもレビトラも、EDに対し高い改善効果が期待できるという点において違いはありませんが、両治療薬は有効成分が異なるため、その具体的な効果(個人差あり)や服用方法において若干の違いが見られるようです。
チェック即効性がある(利き目が早い)!
チェック食事による影響を受けにくい!※ まったく影響しないというわけではない…
チェック副作用が少ない!
チェック併用禁忌薬が多い!【重要】

バイアグラ vs レビトラ:効果のあるED治療薬はどっち !?

バイアグラ50mg (日本ファイザー製薬) 画像バイアグラとレビトラ・・・

ED治療薬としては、いったいどちらの方が上なのか(効果があるのか)悩んでいる方も多いようですが、この点に関しては、個人差や患者の好み(自分は即効性を求めている!など)なども大きく関係してくるため、一概にレビトラを処方してもらった方がよい!とは断言できません。

※ また、レビトラはバイアグラに比べると併用禁忌薬が多く、患者の状態によっては処方できないこともあります。

そこで、バイアグラとレビトラの主な特徴について比較できるよう下記表にまとめてみたので、一資料として参考にしてみてください。
バイアグラのレビトラの比較
バイアグラ レビトラ
有効成分 シルデナフィル バルデナフィル
効果が出るまでの時間 約30分~1時間 約15~30分
作用時間 約3~5時間 約3~5時間
※20mgで約2倍
食事・アルコール
による影響
受けやすい 受けにくい
※全く受けないわけではない
両治療薬を比較した
場合の特徴
・治療データが多く安全性が高い
・食事の影響を受けやすい
・副作用が少なく、治療効果が高い
・即効性がある
・併用禁忌薬が多い
・料金が高い
※ ED治療薬の効果には個人差があります。



ED治療薬:豆知識

第3のED治療薬、シアリスってなに?

現在、日本国内において医師による処方が認められている経口タイプのED治療薬は3種類あり、そのひとつが日本イーライリリー社の〝シアリス〟です。

シアリスは2007年7月に厚生労働省より承認を取得し、同年9月から販売が開始されていますが、バイアグラやレビトラとは、また異なる有効成分タダラフィルを含んだ治療薬であり、食事の影響を受けにくく、作用時間も他の2つのED治療薬に比べると非常に長い(24~36時間)のが特徴です。

ED患者にとって、どの治療薬が一番効果が出るかは服用してみなないことにはわかりませんが、近年は自由度の高さ(バイアグラやレビトラは効果の継続時間が短かったり食事の影響を受けた)から〝シアリス〟の処方を希望する患者が増えているようです。

しかし、日本国内においてはどのED治療薬も、原則、医師の処方を必要とする医療法医薬品に指定されています。

そのため、バイアグラはもちろん、海外で販売されているシアリス等を個人輸入代行業者を介して購入(違法ではないため購入者が多い)されている方も多いようですが、未承認薬の個人輸入は商品の品質や副作用など、すべて〝自己責任〟だということを忘れないで下さい。

個人輸入の際の注意事項
チェック購入金額によっては関税が発生する!

チェック個人輸入代行による商品の発送先は自宅発送しか認めていない代行業者が多い!

チェック医師の処方を受けず自身の判断で海外製レビトラ等の未承認薬を個人輸入した場合、服用(品質なども含む)したことによる副作用はすべて自己責任となる!

チェッククーリングオフ制度の適応はない!

チェック個人輸入代行業者に対し、薬品(効果・副作用など)に関する説明を求めても薬事法の規定により答えてもらえない!(つまり、レビトラに関する知識は全て自分で情報収集しなければならない)