体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
バイアグラの副作用top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押さえる!バイアグラ 副作用の症状一覧

勃起不全(インポテンツ)という深刻な悩みを抱えている男性にとって、夢の新薬と呼ばれている治療薬が〝バイアグラ〟です。

このバイアグラは米国では1998年に発売され、その安全性(副作用など)の高さと治療効果に世界中から注目が集まりましたが、日本国内でも、翌年の1月にバイアグラの製造販売の認可(厚生省)が下りたため、同年3月23日より販売が開始され、今ではED治療の定番薬となっています。

※ 臨床試験は世界各国で行われており、患者の状態にもよりますが、概ね7~9割の方に効果がみられるようです。

しかし、日本国内では、バイアグラは市販薬としては売られておらず、医師の処方を必要とする医療用医薬品として販売(個人輸入代行業者を介して、海外で販売されている医薬品を入手する場合は除く)されています。

健康な成人男性が医師の処方の下、服用する分には、バイアグラによって起こりうる副作用は少ない(あるいは、症状が現れても軽い)と言われていますが、それでも100%副作用が現れない!と断言することはできません。

そのため、勃起不全に悩んでおり、バイアグラの服用を今まさに検討しているような方は、たとえ健康な成人男性であっても、次のような副作用が現れる場合があるということを理解しておくべきです。

※ バイアグラを服用したすべての方に副作用が現れるわけではありません。
主な副作用
主な症状

チェック頭痛(バイアグラ服用者全体の概ね1割程度)
チェック顔のほてり(バイアグラ服用者全体の概ね1割程度)
チェック眩暈
チェック鼻詰まり
チェック動悸
チェック胸やけ
チェック顔面紅潮
チェック胃不快 …など

稀にみられる症状

チェック勃起機能の喪失
チェック持続勃起症(4時間経っても勃起状態がおさまらない)
チェック陰茎組織損傷
チェック一時的な視覚異常(まぶしい・色が変わって見える…など)
チェック死亡(ただし、服用禁忌者によるケースが多い。詳細は次項で説明)
バイアグラを服用したことによって起こりうる副作用で、比較的多いとされている症状が〝顔のほてり〟や〝頭痛〟だといわれています。

これらの症状は、バイアグラの主成分である〝クエン酸シルデナフィル〟による血管拡張作用によるものだと考えられていますが、数時間(長くても2~3時間…それ以上続くようなら、医師に相談することをおススメします)も経てば次第に治まるケースが多いようなので、必要以上に心配することはないようです(ただし、医師の処方を受けずに個人輸入されているような方は除く)。

※ 少数ではありますが、海外では4時間以上の勃起や痛みを伴う持続勃起症が見られたという報告もあります。このような症状は陰茎組織の損傷や勃起機能の完全不能を招く恐れもあるので、早急に医師に相談するようにして下さい。


治療薬

要注意!バイアグラを服用してはいけない禁忌事項

前項でも軽く触れましたが、勃起不全患者に対するバイアグラの治療効果は非常に高く、健全な成人男性であれば副作用のリスクも少ないことから、若くしてインポテンツになってしまい深刻な悩みを抱えている方は、一度、バイアグラによる勃起不全治療を検討してみる価値はありそうです。

しかし、先に示した一覧表にも挙げたとおり、服用者の状態(体調)によっては深刻な副作用を起こす恐れもあるということを忘れてはいけません。

ちなみに、バイアグラの服用を希望されている方で、細心の注意が必要とされる事項としては、主に次のようなケースが考えられます。
服用が危険なケース
医師の判断が必要とされるケース

チェック低血圧
チェック高血圧
チェック糖尿病患者
チェック高齢者(概ね65歳以上)
チェック薬物アレルギーのある者
チェック持病による服用中(他の勃起不全治療薬も含む)の薬が既にある者
チェック消化性潰瘍や出血性疾患を抱えている方
チェックその他、性行為が不適当と考えられる者 …など

服用できないケース

チェック女性、未成年者
チェック重い心臓病(狭心症など)、肝臓病(肝硬変など)を患っている者
チェック重い脳血管障害者(脳梗塞/心筋梗塞など)
チェックニトログリセリン等の硝酸薬を服用している者
チェック網膜色素変性症 …など
上記一覧表のケースに該当する方は、バイアグラを服用したことによる副作用の危険性が健全な成人男性よりも高まるので特に注意が必要です。

バイアグラのような性機能障害向けの治療薬は、どうしても恥ずかしさの方が優先してしまうため、個人輸入代行業者を介して、こっそりとインターネット上で購入されている方も多いようですが、海外で販売されている未承認薬を個人輸入される場合、その行為自体は違法ではないものの、品質や服用したことによる副作用等、すべて自己責任となってしまうので、右記豆知識を参考にするなりして、じっくりと検討するようにして下さい。




個人輸入:豆知識

海外で販番されているバイアグラ等の未承認薬を個人輸入する際、購入者が、当然、理解しておくべき事項とは?

日本国内ではバイアグラは医療用医薬品として販売されているため、原則、医師の処方を必要とします。

そのため、治療薬には興味あるけど病院にいくのはちょっと…と抵抗を感じ治療を躊躇されている方は多いようです。

しかし、近年はインターネットの普及により、医師の処方を必要とする治療薬も、ネット上から簡単に購入できる流通経路が整っており、アイドラッグストアーのような個人輸入代行業者を介して海外で販売されているバイアグラを入手されている方も増えているようです。

なぜ、このような行為が可能かというと、海外の医薬品や化粧品を営業目的で輸入する場合は、薬事法の規定によって厚生労働大臣の許可を必要としますが、個人で使用することを目的とした国内への持込に対しては、この許可が免除されているからです。

バイアグラは健全な成人男性であれば薬によるリスク(副作用)は少ないと言われていますが、海外で販売されている未承認薬を個人輸入された場合、服用したことによる副作用をはじめ、以下に挙げるような事項はすべて自己責任となってくるので、個人輸入を検討している方は、その点を肝に銘じておきましょう。
チェック購入金額によっては関税が発生する!

チェック個人輸入代行による商品の発送先は自宅発送しか認めていない代行業者が多い!

チェック医師の処方を受けず自身の判断でバイアグラを個人輸入した場合、服用したことによる副作用はすべて自己責任となる!

チェッククーリングオフ制度の適用はない!

チェック代行業者に対し、薬品(効果・副作用など)に関する説明を求めても薬事法の規定により答えてもらえない!(つまりバイアグラに関する知識は全て自分で情報収集しなければならない)

カフェ






個人輸入イメージ


治療薬