体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
性病トリコモナスQ&Atop
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み
(基礎知識 編)
Q1:性病トリコモナスは男性よりも女性の方が症状が重いってホント?
Q2:性病の潜伏期間てなに?
Q3:セックス以外でも感染するの?
Q4:性病トリコモナスは自然治癒するの?
Q5:性病トリコモナスに感染しない予防法はあるの?
(治療法 編)
Q6:どんな治療法があるの?
Q7:治療をせずに放置しているのどうなるの?
Q8:トリコモナス症に効く市販薬はあるの?

性病トリコモナスの基礎知識:Q&A

性病トリコモナスは男性よりも女性の方が症状が重いってホント?
性病トリコモナス症の原因とされる寄生虫〝トリコモナス原虫〟は、性行為などを介して男性にも感染しますが、男性(前立腺肥大などの症状がある方は除く)の場合は、排尿時に体外へ排出してしまうことも少なくないといわれています。

ところが、男性に比べて性器の構造が複雑な女性の場合、性病トリコモナス症の病原体であるトリコモナス原虫が、一旦、膣内に侵入してしまうと、男性のようにはうまく排出されず、原虫が増殖してしまう傾向にあるようです。

このような理由から、一般的に性病トリコモナス症は、男性よりも女性の疾患とされ、症状も女性の方が重くなるケースが多いようです。

なお、女性が性病トリコモナス症に感染した場合は、主に下記のような症状や特徴が見られます。

※ 男性は女性に比べ、自覚症状が少ないと考えられていますが、感染者の中には尿道炎(尿から膿が出る/排尿痛など)や前立腺炎などの症状が出る人もいます。
感染後の主な症状と特徴
チェックおりものの変化(悪臭/出血 or 黄緑色 or 白く濁った細かい泡状)
チェック外陰部の腫れ・ただれ・痛み・かゆみ・灼熱感など
チェック排尿時の痛み
チェック膣壁からの出血
チェック性交時の痛み・不快感
性病の潜伏期間てなに?
トリコモナスに限らず、性病といわれる性感染症の多くは病原体が人体に感染したからといって、その直後に発症するわけではありません。

つまり、〝潜伏期間〟とは、病原体(トリコモナス症の場合はトリコモナス原虫)に感染してはいるが、まだその症状が出ていない期間のことです。

そのため、たとえ症状は見られなくとも、病原体に感染していた場合には、性交渉によって相手にうつしてしまう可能性も十分考えられます。

近年は潜伏期間中の相手との性行為が感染者を増やしている要因にもなっていると指摘する専門家も少なくないので、不安な方は、一度、性病検査をおススメします。
主な性病と潜伏期間
病名 潜伏期間 主な病原体
トリコモナス 1~数週間 トリコモナス原虫
クラミジア 1~3週間 クラミジア・トラコマチス
カンジタ 2~7日 カンジタ・アルビカンス
尖圭コンジローマ 1~8ヶ月 ヒト乳頭種ウイルス
性器ヘルペス 2~14日 単純ヘルペスウイルス
淋病 1週間以内 淋菌
エイズ 数年 エイズウイルス(HIV)
※ 潜伏期間には個人差があります。
セックス以外でも感染するの?
トリコモナスに感染する主な原因は、感染者との性交渉にありますが、性病トリコモナス症の病原体であるトリコモナス原虫は、水気のある場所であれば、しばらく宿主から離れていることも可能といった話もあります。

そのため、感染経路を特定することは難しいのですが、不特定多数の人が使用する公共施設の脱衣所や温泉浴場、あるいは公衆トイレの便器などを介して感染するケースも稀にあるようです。

※ トリコモナス症の母親と子(娘)が一緒に入浴し、母親から娘に感染したという報告もあるようです。
性病トリコモナスは自然治癒するの?
個人差もありますが、性病トリコモナスは症状が出にくい疾患なので、治療をしなくても治った!と思い込んでいる方も中にはいるようですが、一度感染した患者が何の治療もせずに自然治癒(つまり、病原体であるトリコモナス原虫の死滅)することは、まず考えられません。

そのため、感染していることが判明した場合は、性病科(あるいは婦人科、泌尿器科など)に行って医師の指導の下、適切な治療を受けなければ、感染者を増やしてしまう恐れがあります。
性病トリコモナスに感染しない予防法はあるの?
人体に寄生するトリコモナスは、3種類(口腔/腸/膣)確認されていますが、中でも性器(膣)に寄生するものが様々な疾患を誘発すると考えられています。

そのため、トリコモナス感染者との性交渉は避けることが一番の予防策となりますが、自覚症状のない方も多い性病なので、知らず知らずのうちに移されているといったケースは少なくありません。

したがって、性交渉が主な感染経路となるトリコモナス症に関しては、コンドームの装着(射精時のみ着用しただけでは不完全!)が最も有効な予防策であるといわれています。

※ ただし、たとえコンドームを装着していたとしても、手や口などを介して感染する場合もあるので、コンドームさえしていれば100%予防できる!といった保証はありません。




性病トリコモナスの治療法:Q&A

どんな治療法があるの?
性病トリコモナスに感染していることが判明した場合、女性であれば、膣錠や軟膏を使った局所療法を試みるケースもありますが、感染範囲が広い(子宮頸管、尿路など)と病原体を完全には排除できないことも予想されるため、通常は、抗トリコモナス剤(メトロニダゾール)を使った飲み薬による薬物療法が一般的なようです。

※ 女性の場合、膣洗浄(初回)を行うこともあります。

なお、トリコモナス症の治療に関しては、基本的に医師が処方する薬剤と指示どおりの治療を行ってさえいれば、概ね2週間程度で治るといわれています。
トリコモナス症の治療薬
男性 女性
・抗トリコモナス剤の服用(1~2週間程度)※ 抗トリコモナス剤はアルコールとの飲み合わせが悪いので、治療中は禁酒するよう指示されると思われます(女性も同じ)。 ・抗トリコモナス剤の服用(1~2週間程度)

・膣内への膣錠の挿入(1週間程度)
治療をせずに放置しているのどうなるの?
性病トリコモナスに感染していながら治療せずに放置していると、最悪、不妊症や早産等の原因にもなりかねないといった報告があります。

また、トリコモナス症に限らず、性病感染者はエイズ感染率も高くなるようなので、症状が軽いからといって治療を先延ばしにすることはあまり賢い選択ではないといえるでしょう。

※ 症状が悪化すると治療が長引くこともあります。

トリコモナス症は、通常、抗トリコモナス剤の服用を一定期間(1~2週間)続けるだけで完治する性病なので、感染していることが分かった時点で治療に専念することをおススメします。
トリコモナス症に効く市販薬はあるの?
性病トリコモナスの治療薬として使用される内服薬(フラジール錠、アスゾール錠…など)は、国内では医師の処方を必要とする医薬品に指定されているため、残念ながら市販薬としては販売されていません。

※ 海外で販売されている治療薬フラジール等の未承認薬を個人輸入される方もいるようですが、この場合、薬の品質や副作用等はすべて自己責任となります。

外用薬であれば、以前はトリコモナス皮膚炎治療薬として『トリコマイシン』(第一三共ヘルスケア株式会社)という薬(軟膏や膣内挿入タイプ)が市販薬として販売されていましたが、残念ながら、現在はメーカー側が製造販売を終了してしまったようです。

治療薬

トリコモナス症の疑いがあったら… 自宅でできる性病検査とは?

近年は減少傾向にあるものの、トリコモナス膣炎は、女性にとって比較的ポピュラーな性病(性感染症)のひとつです。

Q3.でもお答えしたように、トリコモナス症は性交渉以外でも感染することがありますが、性病としてのイメージが強いため、病院に行って検査してもらうには抵抗があるという方は少なくありません。

パートナーしかし、トリコモナス膣炎が自然治癒することはまず考えられないので、トリコモナス症の疑いがあれば、一度、しっかり検査をしてもらうべきです。

そこで、性病検査はしてみたいけれど病院には抵抗があるといった方が、人目を気にせず自宅でこっそり性病検査ができる新たなサービスが始まっています。
郵送性病検査とは…
郵送性病検査のシステムについてザッと説明すると、インターネット上から申込み、性病検査キットを郵送してもらい、簡単な方法で血液(尿)などを自己採取しポストに投函すると、後日検査結果が送られてくる…といった流れになっています。

従来のトリコモナス検査に感しては、郵送検査特有の問題点がありましたが、GMEなどが行っている性病検査では、PCR法による遺伝子検査(原虫の生死にかかわらず「存在したかどうか」を検査できる)に切り替えるなど、現在は検査精度も向上しているようです。

※ トリコモナス原虫が生きているときは、鞭毛(細長い毛状の突起物)を使って活発に動き回っているので検出しやすいのですが、死んでいると鞭毛が取れてしまい白血球と誤認することがあります。また、従来の郵送性病検査では、郵送過程でトリコモナス原虫が死んでしまったり、原虫の数が少数であると、検出の有無が難しく、その点が郵送によるトリコモナス検査の欠点でもありました。

そこで、下記に代表的な会社を2つほど挙げておくので、いきなり病院に行くのは抵抗があるけど、性病に感染しているなら悪化する前に治療したいという方は、この郵送検査の利用を、一度検討してみるのも一法かもしれません。
郵送性病検査キットサービス提供会社
GME医学検査研究所が提供している郵送性病検査サービス。もし仮に検査結果が陽性に出た場合は、GMEが提携している医療機関を紹介してくれるということなので、検査結果を持って病院に足を運べばよい手はずとなっている。また、他の郵送性病検査サービスに比べると、比較的、自分が検査をしてみたい単項目の性病検査が充実しており(つまり、トリコモナスの検査のみ申込むことができる)、利用者のコスト面にも配慮したサービスを展開しているので、検査費用に余裕がないなら、こちらの性病検査キットを検討してみるのも良いだろう。 ふじメディカルでは、トリコモナスだけを検査項目とした検査キットを販売している。単項目だと、どうしても割高感はあるが、複数のセットタイプに比べれば費用は安価なので、トリコモナスの感染の有無だけをチェックしたいという方は、ふじメディカルの性病検査サービスを検討してみる価値はあるだろう。ちなみに気になる検査結果の信憑性であるが、当サービスも、登録衛生検査所で行っているので、病院や保健所とほぼ同じ精度の検査結果が得られるとのことである。

治療薬