体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
生理痛のツボtop
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

生理痛を緩和するツボ一覧【背中&腰】

生理痛を緩和するとされるツボの多くは下腹部や足に集中していますが、背中や腰部にも生理痛に効くツボはあります。

背中や腰部にあるツボは、デリケートな下腹部よりも力を入れて指圧(5秒程度の指圧を数回繰り返す)しても構いませんが、ゆっくりと優しく押すように心がけてください。

なお、背中や腰は場所が場所だけに、自分では押しづらい、見つけづらいツボも中にはあるので、場合によっては友人や家族などに頼んでみましょう。

※注 … 写真で示した生理痛を緩和するツボの位置については誤差があります。
背中
生理痛に効くツボ:背中  膈喩
(かくゆ)
背骨の第7胸椎と第8胸椎の間から、左右外側へ概ね指2本離れた位置。※ 背骨の突起がはっきりしてる方は首を前方に曲げると骨が出っ張るため分かりやすい。
肝喩
(かんゆ)
背骨の第9胸椎から、左右外側へ概ね指2本分離れた位置。
腰部
生理痛に効くツボ:腰  腎喩
(じんゆ)
ウエストライン(脇腹の一番下にある肋骨の先端)あたりあたりにある背骨(第2腰椎)から左右外側へ概ね指2本分程離れた位置。上体を反らすように曲げた後、両手で腰を掴んで親指で指圧する。
大腸喩
(だいちょうゆ)
腎喩から概ね指4本分下の位置。
次りょう
(じりょう)
背骨から下方に向かった仙骨(お尻にある平らな骨)にある上から2番目の骨のくぼみ。

生理痛を緩和するツボ一覧【腹部】

生理痛に効くツボ:腹腹部(主に下腹部)は生理痛を緩和するとされるツボが集中していますが、非常にデリケートな部位なだけに、決して強く指圧してはいけません。

また、指圧方法も、1指よりも4指を使い腹部を柔らかするようイメージしながら、弱くゆっくりと押すのがコツであり、時間にゆとりがあれば、蒸しタオルなどで予め腹部を暖めておくとより効果的だといわれています。
関元
(かんげん)
へそから概ね指4本分下の位置。
気海
(きうみ)
へそから概ね指2本分下の位置。
中極
(ちゅうきょく)
関元よりも概ね指1本分下の位置。
帰来
(きらい)
中極から左右外側に概ね指3本分離れた位置。
天枢
(てんすう)
へそから左右外側に概ね指4本分の距離をとり、さらに指1本分下がった位置。

生理痛を緩和するツボ一覧【足】

三陰交などのツボ生理痛を緩和するだけでなく、女性特有の疾患や健康維持に欠かせないツボであるといわれ、足回りにも、生理痛に効くツボが多数あります。

背中や腰部などとは異なり、自分でも指圧しやすいツボなので、生理痛で悩まされている人は、試してみてはいかがでしょうか。
膝(ひざ)
生理痛に効くツボ:ひざ 血海
(けっかい)
膝の皿から概ね指3本分上の太もも内側。
足三里
(あしさんり)
膝下辺りに出っ張っている骨の外側に位置する筋肉の端。
足(ふくらはぎ~かかと)
生理痛に効くツボ:足 三陰交
(さんいんこう)
内くるぶしの最も高いところから概ね指4本分並べた上の頸骨(すね)の後ろ側にあるくぼみ。
照海
(しょうかい)
内くるぶしのてっぺんから概ね指1本分下がった位置。
中封
(ちゅうほう)
内くるぶしのてっぺんから1~2cm程前にずらした位置にあるくぼみ。
足の甲
生理痛に効くツボ:足の甲 行間
(こうかん)
親指と人差し指の間。
太衝
(たいしょう)
親指と人差し指指の骨をたどり交わった位置。
足臨泣
(あしりんきゅう)
小指と薬指との骨をたどり交わった位置。
女性として生まれてきたからには避けて通れない生理現象のひとつが生理痛です。

生理期間中(あるいは、その前後)に体の不調をまったく訴えない人は全体の1割にも満たないというのが現状なので、辛い月経前症候群(PMS)などに悩まされている方は、指圧のほか、月経前症候群対策向けのサプリメントや、リラックス効果のあるハーブ・アロマオイルなどを一度、試してみるのも良いかもしれません。






生理前改善:豆知識

月経前症候群てなに…?

排卵から月経開始までの間に起こる、様々な身体的・精神的不調を総称して月経前症候群(PMS)と呼んでいます。
身体的な不調
頭痛・腰痛・腹痛・吐き気・便秘・眩暈・胸の張り・痛み …など
精神的な不調
疲労感・不眠・イライラ・集中力の低下…など
どのような症状が現れるかは人により異なってきますが、程度の差こそあれ、大半の女性が上記のような身体的・精神的不調に見舞われているのではないでしょうか。

つまり、生理が始まった女性であれば、このようなトラブルは、ほとんどの方が経験しているものなのです。

しかし、中には日常生活にも支障をきたすような重い症状に悩まされ、病院での治療を余儀なくされている方もいるのが現状です。

通常、医療機関における月経前症候群の治療には、漢方やプラセンタ注射などが用いられますが、近年は通院などの煩わしさも解消される手軽は対策法として、日常生活に支障をきたすような辛い生理前の症状を緩和するサプリメントやリラックス効果のあるハーブ、アロマオイルなどが注目を浴びているようです。

カフェ





当帰養血精(生理痛対策)