体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
トリコモナス症の症状と治療(薬)法top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押さえる!トリコモナス症の症状・特徴

トリコモナス症とは、トリコモナス原虫【右下:写真 画像】と呼ばれる病原体が人体に寄生することによって引き起こる疾患です。

トリコモナス原虫の写真画像人体に寄生するトリコモナスは、3種類(口腔/腸/膣)確認されていますが、中でも膣内に寄生するものが様々な疾患を誘発するため、トリコモナス症とは、通常〝膣トリコモナス症〟のことを指しています。

また、膣トリコモナス症は主に性行為(セックス)によって感染することから、クラミジアやカンジタ症などと同じく、性病(性感染症)のひとつとして位置付けられています。
女性は男性よりも症状が重い !?
トリコモナス症患者は、近年、減少傾向にあると言われてはいますが、それでもなお、女性にとっては、比較的ポピュラーな性病のひとつであることには変わりありません。

トリコモナスは膣に寄生する原虫であることから、男性よりも女性の方に症状が出やすいといった特徴がみられます。

特に女性の場合〝おりもの〟に大きな変化が見られたり、外陰部にかゆみを生じるケースが多いようなので、このような症状が現れた場合にはトリコモナス症を疑い、一度、性病検査を受けた方がよいかもしれません。

※ おりものが臭う理由 … もともと膣には常在菌であるデーデルラインという桿菌(乳酸菌)が存在し、他の微生物が増殖しないようバランスを保っていますが、膣内にトリコモナス原虫が寄生すると、デーデルライン桿菌が餌としていた膣中のグリコーゲンが原虫に横取りされ死んでしまいます。その結果、膣内はバランス(酸性→アルカリ性へ)が崩れ、雑菌が侵入しやすくなり〝おりもの(帯下)〟が臭うようになるのです。

また、トリコモナス膣炎に感染している女性は、おりものの変化や外陰部のかゆみの他にも、次のような症状や特徴が見られるようです(ただし、個人差あり)。
感染者にみられる主な症状
チェックおりものの変化(悪臭、出血 or 黄緑色 or 白く濁った細かい泡状)
チェック外陰部の腫れ・ただれ・痛み・かゆみ・灼熱感など
チェック排尿時の痛み
チェック膣壁からの出血
チェック性交時の痛み・不快感
男性は症状が出にくい!
トリコモナスは異性との性行為を通じて男性にも感染しますが、女性に比べ症状が出にくい(検出もされにくいようです)のが特徴です。

そのため、稀に尿道炎(尿から膿が出る/排尿痛など)や前立腺炎などの症状が出る感染者もいますが、自覚症状のない方が多いというのが現状のようです。

しかし、自覚症状がなくとも、感染者であることには何ら変わりないので、恋人や配偶者がトリコモナス症に感染している場合は、必ず男性も一緒に性病検査を行い、感染していた場合には治療に徹するようにしてください。

※ 男性が感染者であった場合、女性が治療を行っても、セックスを介して膣トリコモナス症を再発してしまいます(いわゆる、パートナー同士で病原体を互いにやりとりする「ピンポン感染」)。そのため、男性が無症状であってもピンポン感染を避けるために、同時治療を行う場合があります。



コレだけは押さえる!トリコモナス膣炎の検査方法と治療法

検査方法
トリコモナス膣炎を発症しているかどうかは、患部に病原体であるトリコモナス原虫が存在するかどうかがポイントになってきます。

そのため、病院では《顕微鏡検査》と《培養検査》の2種類による検査方法でトリコモナス原虫の検出を試みるのが一般的です。

※ 最近はPCR法による遺伝子検査を導入している医療機関もあります。
検査方法の種類
顕微鏡検査 培養検査
検査方法 女性の場合はおりものや膣分泌物(男性の場合は尿や前立腺液など)を採取した後、顕微鏡を覗き込んでトリコモナス原虫を検出する方法。 顕微鏡検査と同じく分泌物を採取した後、トリコモナス培地や浅見培地でしばらく培養し、病原体を増殖させてから原虫を検出する方法。
特徴 トリコモナス原虫が活発に動き回っていれば容易に検出ができるため、非常に簡便な検査方法であるが、原虫が死んでいたり少数の場合は誤認することもある。 病原体である原虫を増殖させてから検査するため、簡便な顕微鏡検査に比べ見落とされがちなトリコモナス原虫も検出することが出来るが、原虫が死んでいると誤認することもある。顕微鏡検査での検出が難しい場合や、治療効果を確かめる際に利用されることが多い。
治療法
女性が発症するトリコモナス膣炎に限らず、男性がトリコモナス症に感染した場合も、抗トリコモナス剤(メトロニダゾール)を使った飲み薬による薬物治療が一般的です。

ただし、トリコモナス膣炎に感染している女性の場合は、治療効果を高めるために、膣内に膣錠を挿入したり軟膏などを塗布する局所治療が併用されるケースもあります。

トリコモナス膣炎は基本的には医師が処方する薬剤と指示どおりの治療を行ってさえいれば、通常2週間程度で治るといわれています。

※ なお、服用タイプの治療薬は市販されていないので、基本、病院で医師に処方してもらうことになります。しかし、最近は代行業者を利用して未承認薬を個人輸入される方もいるようです。(ただし、この場合は、薬の品質や副作用等はすべて自己責任!)



トリコモナス症の治療法
男性 女性
治療方法 ・抗トリコモナス剤の服用(1~2週間程度)※ 抗トリコモナス剤は、アルコールとの飲み合わせが悪いので、治療中は禁酒するよう指示されると思われます(女性も同じ)。 ・抗トリコモナス剤の服用(1~2週間程度)

・膣内への膣錠の挿入(1週間程度)
治療薬 抗トリコモナス剤(メトロニダゾール/チニダゾール)

フラジール錠(250mg 2回/1日・10日間服用)
アスゾール錠(250mg 2回/1日・10日間服用)
ハイシジン錠(200mg 2回/1日・7日間服用) …など
抗トリコモナス剤(メトロニダゾール/チニダゾール)

男性と同じ薬剤を使用

膣錠(メトロニダゾール/チニダゾール)

フラジール膣錠(250mg 1回/1日・10~14日間)
アスゾール膣錠(250mg 1回/1日・10~14日間)
ハイシジン膣錠(200mg 1回/1日・7日間) …など
※ 実際、どのような治療が行われるているのかをできるだけ分かりやすく説明するため、具体的な治療薬や治療期間等も表記していますが、あくまで参考資料であり、治療の際には必ず担当医の指示に従ってください。

知っ得!人の目を気にせず、こっそりトリコモナス検査をする方法

近年は減少傾向にあると言われているものの、トリコモナス膣炎は女性にとって、比較的ポピュラーな性病(性感染症)のひとつです。

トリコモナスは性交渉以外でも感染することがありますが、性病としてのイメージが強く、病院に行って検査してもらうには抵抗があるという方も少なくないようです。

しかし、トリコモナス膣炎は自然治癒することはありません。

また、女性の場合、感染を放置していると不妊症や早産等の原因にもなりかねないとも指摘されているので、感染者はできるだけ早期に治療を行うべきだと考えます。

そこで、性病検査はしてみたいけれど病院には抵抗があるといった方が、人目を気にせず自宅でこっそり性病検査ができる新たなサービスが始まっているので、ここでひとつ紹介しておきましょう。
郵送性病検査とは…
郵送性病検査のシステムについてザッと説明すると、インターネット上から申込み、性病検査キットを郵送してもらい、簡単な方法で血液(尿)などを自己採取しポストに投函すると、後日検査結果が送られてくるという流れになっています。

従来のトリコモナス検査に感しては、郵送検査特有の問題点※がありましたが、GMEやふじメディカルなどが提供している性病検査では、PCR法やSDA法による遺伝子検査(原虫の生死にかかわらず「存在したかどうか」を検査できる)を行うなど、現在は検査精度も向上しているようです。

性病への不安※ トリコモナス原虫が生きているときは、鞭毛(細長い毛状の突起物)を使って活発に動き回っているので検出しやすいのですが、死んでいると鞭毛が取れてしまい白血球と誤認することがあります。また、従来の郵送性病検査では、郵送過程でトリコモナス原虫が死んでしまったり、原虫の数が少数であると、検出の有無が難しく、その点が郵送によるトリコモナス検査の欠点でもありました。

また、GMEやふじメディカルが提供している性病検査キットには、トリコモナスのほか、クラミジアやカンジタ、HIV、淋病など、調べたい性病の種類によって検査キットが選択できるので、いきなり病院に行くのは抵抗があるけど、性病に感染しているなら悪化する前に治療したい…という方は、この郵送性病検査キットを、一度、検討してみるのもよいかもしれません。
郵送性病検査キットサービス提供会社
GME医学検査研究所が提供している郵送性病検査サービス。もし仮に検査結果が陽性に出た場合は、GMEが提携している医療機関を紹介してくれるということなので、検査結果を持って病院に足を運べばよい手はずとなっている。また、自分が検査をしてみたい単項目の検査キットが充実しており(つまり、トリコモナスの検査のみ申込むことができる)、利用者のコスト面にも配慮したサービスを展開しているので、検査費用に余裕がないなら、こちらの性病検査キットを検討してみるのも良いだろう。 ふじメディカルでは、トリコモナスだけを検査項目とした検査キットが販売されている。単項目だと、どうしても割高感はあるが、複数のセットタイプに比べれば費用は安価なので、トリコモナスの感染の有無だけをチェックしたいという方は、ふじメディカルの性病検査サービスを検討してみる価値はあるだろう。ちなみに、気になる検査結果の信憑性であるが、当サービスも、登録衛生検査所で行っているので、病院や保健所とほぼ同じ精度の検査結果が得られるとのことである。