体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
イボ取り治療top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

皮膚科で行うイボ取り治療の種類

ヒト乳頭腫ウイルスを原因とするイボ(尋常性疣贅など)取りに対して、直接効果のある特効薬(飲み薬/塗り薬)は、残念ながらまだ開発されていません。

また、イボは手足だけでなく身体のいたるところにできるため、専門病院(皮膚科など)では発生したイボの種類や部位によって治療法を変えているというのが現状のようです。

児童期のイボに比べて、大人になってからできるイボは、自然治癒があまり期待できないケースも多く、場合によっては治療によってイボを取り除く方法を検討してみるのも良いかもしれません。

そこで、病院(皮膚科)で実際に行われている主なイボ取り治療について、いくつか紹介しておきましょう。
冷凍凝固療法
冷凍凝固療法とは、文字通り患部のイボを凍結させて除去する治療法です。

凍結剤には主に液体窒素が用いられますが、綿棒などに染み込ませた液体を患部に直接押し当て皮膚組織を壊死させます。

冷凍凝固療法は激しい痛みを伴うので、子供には不向きであったり、治療途中で断念してしまう患者も少なくないようですが、幅広いイボに対して治療が行え、他のイボ取り療法に比べ効果が高いことから、病院(皮膚科)では定番のイボ取り治療として広く行われています。

※ ただし、皮膚の厚い足裏や指先などにできたイボに対しては、複数回、治療を繰り返すのが一般的です。

なお、冷凍凝固療法の詳細についてはイボ取り治療の基礎知識【液体窒素療法 編】をご覧下さい。
レーザー療法
冷凍凝固療法に次ぐ、比較的、ポピュラーなイボ取り治療がレーザー治療です。

主に炭酸ガスレーザーなどが用いられますが、患部に局所麻酔をした後、レーザー照射をしてイボ部分を剥離します。

レーザー療法では局所麻酔(麻酔を打つ際は痛い)を打つので、治療中の痛みは冷凍凝固療法よりも少なく傷跡も小さく目立ちにくい、出血も少ないといった特徴がみられます。

また、このレーザー療法は、ウイルス性のイボをはじめ、老人性のイボ取りにも有効であることから、美容皮膚科などでも広く行われているようです。

ただし、このレーザー療法は冷凍凝固療法とは異なり保険適用外のため、治療費が高くつきます。

※ イボが再発した場合、無料で再治療を行う保障制度を導入しているクリニックも中にはあるようです。
電気焼灼療法
専用の電気焼灼器を使ったイボ取り療法が電気焼灼療法です。

電気メスにより幹部組織に電気放電を行い熱凝固を起こすことで、イボを焦げ付かせ、その後、焦げ付いた塊を剥離してイボを取り除いていきます。

この電気焼灼療法は、外科的治療を必要とする(尖圭コンジローマなど)ようなイボ取りの際に利用されているようです。
グルタルアルデヒド療法
殺菌消毒薬の一種であるグルタルアルデヒドがもっている細胞蛋白変性作用を利用してイボ取りを行う治療法が、グルタルアルデヒド療法です。

この薬液を患部に塗布するとイボに感染した細胞が破壊され、しばらくすると塗布した患部が茶色く変色するので、その組織を剥離除去することでイボを取り除くことができます。

ただし、この治療法は児童や出血しやすいタイプのイボには、不向きな治療法だとされています。
その他の療法(スピール軟・ビタミンD剤 …等)
他にも角質をスピール軟で柔らかくしてから患部を削り取るスピール軟療法や、ビタミンD製剤や抗ウイルス剤を塗る痛みの少ない治療法もありますが、冷凍凝固療法やレーザー療法に比べると、思ったほど効果が現れなかったり治療期間が長引く…といった傾向が見られるようです。

自宅でできる!イボ取り療法

ヨクイニン療法
ヨクイニンとは、古くから利用されてきた民間療法のひとつでハトムギの殻(種皮)を取り除いた種子のことです。

ハトムギに含まれている成分コイクノライドという成分がイボ取り治療に効果があるとして、皮膚科でも内服薬治療のひとつとして患者に処方することがあります。

ヨクイニン療法の治療方法自体は至って簡単であり、錠剤(あるいは顆粒)タイプのヨクイニンを服用するだけですが、独特のクセがあるので飲みにくいと感じる方も少なくありません。

しかし、ヨクイニン療法は手軽で副作用(稀に下痢や発疹、かゆみ、ジンマシンなどが現れる人もいる)も少ないことから、とりあえず騙されたと思って試してみるといった方も多いようです。
市販薬を使った治療(イボコロリ…等)
横山製薬から販売されているイボ取り治療薬が『イボコロリ』であり、現在は液体タイプのほか、絆創膏タイプのイボコロリなども販売されていますが、イボコロリで手や足にできたイボが取り除ける理由は、製品に配合されている有効成分サリチル酸にあります。

サリチル酸には皮膚の角質を軟化させる角質軟化溶解作用があり、液剤を患部(イボ・タコ・ウオノメ)に直接塗布すると、サリチル酸の作用により皮膚角質の腐食が起こります。

その後、薬剤が浸透した患部の下面では新たな皮膚を再生しようと細胞分裂をはじめるため、イボとなって現れた角質部を取り除くことが出来るという仕組みです。

ただし、ひとくちにイボと言っても様々な種類があるため、イボコロリでは効果がなかったり、薬剤を何度か繰り返し塗布しながら根気よく治療を続けなければならないケースも珍しくはありません。

※ 通常、イボ治療は、数回、繰り返しながら除去していくので、一度の治療で取り除けなかったからといって自分だけが治りが遅いと落胆することはありません。


レーザー治療の仕組み

近年、美容皮膚科などの専門クリニックでは、レーザーを使ったイボ取り治療が主流のようですが、なぜレーザーを患部に照射するとイボが取れるのか、そのあたりの仕組みについて簡単にまとめておきましょう。

イボやホクロ除去に使用される医療用レーザーのひとつに炭酸ガス(Co2)レーザーがありますが、この炭酸ガスレーザーには水に吸収されやすいといった特性があるため、患部に照射すると、イボやホクロ細胞の内側の水分と反応し熱エネルギーを発生させ、瞬間的に気化蒸散させることができます。

つまり、レーザー光線で患部の皮膚組織を少しずつえぐり(削り)取っていくようなものです。

レーザー治療のよいところは、短時間で除去したいイボやホクロを取り除くことができ、周辺部の肌へのダメージが少ないため、施術後の回復が早いことなどが大きな特徴です。

カフェ






ヨクイニン




イボコロリ