いぼ 液体窒素療法

〜 コレだけは押さえる!イボ取り治療の常識・落とし穴 〜



皮膚科で行ういぼ治療 液体窒素療法の効果と落とし穴
いぼ取り治療を行う前に押さえておくべきイボ≠フ基礎知識



皮膚科で行ういぼ治療 液体窒素療法の効果と落とし穴


良性のいぼ≠ナあれば、あえて治療はしない…という選択肢もありますが、ウイルス性のいぼ(尋常性疣贅など)≠フ中には、そのまま放置しておくと周囲の皮膚や他の部位に広がってしまうこともあるので、症状によってはいぼ℃謔闔。療を迫られるケース出てきます。

現在、ウイルス性のいぼ≠ノ対する特効薬は、残念ながらありません。

そのため、皮膚科等の病院ではいぼ≠フ種類や発生した部位によって様々な治療法が試みられていますが、最もポピュラーで効果的な治療法のひとつと考えられているのが液体窒素を使った液体窒素療法です。




液体窒素療法とは、簡単に言ってしまえば《凍結》と《融解》を繰り返す治療法です。

具体的には、マイナス196℃にも達する超低温の液体を綿棒などに染み込ませ、ウイルスに冒されている患部を急激に冷やす(低温やけど)ことで皮膚表面の異常組織を壊死させます。

※ 綿棒を使った圧抵法が一般的ですが、クライオサージ(液体窒素をスプレーする道具)を使ったスプレー法を取り入れている病院もあります。

すると、壊死した異常組織下の皮膚が細胞分裂をはじめるため、新たな皮膚が再生してきます。

このように、凍結と融解を繰り返すことで基底細胞(表皮の一番奥にある層)に感染しているウイルス(つまりいぼの芯)を徐々に上へ押し上げいぼ≠フ原因を絶つことから《冷凍凝固療法》とも呼ばれています。




液体窒素を押し当てた患部組織は、凍傷によって壊死するため、治療後、しばらくすると黒っぽく変色することがあります。

また、低温やけどにより患部に水泡が見られたり、内出血を起すこともありますが、いずれ黒いカサブタへと変化していくので取り除くことができます。

そのため、無理に水泡などを潰すような行為(場合によっては、周囲に感染することもある)はやめ、必ず医師の指示に従ってください。




皮膚表面に盛り上がっている大半のいぼ≠ノ対しては、この治療法が可能であり、液体窒素を使ったいぼ℃謔閧ヘ、医療機関でも広く一般的に行われている効果的な治療法ですが、超低温の液体を患部に押し当てるため、激しい痛みを伴う…といった点が患者にとっては大きなネックとなっているようです。

※ 個人差もありますが、治療後もしばらく痛みが続く方もいるようです。

先にも軽く触れましたが、ウイルス性の≠ヘ基底細胞に感染していることも多く、皮膚表面の組織を壊死させる液体窒素療法では、一度の治療で完治するケースは稀であると思ってください。

そのため、液体窒素療法は、定期的に複数回治療を続けることになりますが、この痛みに耐え切れず、治療途中で断念してしまう方も少なくありません。

表皮
角質層
顆粒層
有棘層
基底層
真皮
皮下組織


いぼ取り治療を行う前に押さえておくべきイボ≠フ基礎知識


ウイルス性のいぼ≠ヘ、比較的、多くの方に発生しやすいポピュラーな皮膚病であり、手足にできたいぼ≠ネどは市販の治療薬(イボコロリなど)などで自己治療されている方も少なくないようです。

しかし、誤った治療が行われていたり、悪性のいぼ=i特に性器周辺部)の中には危険なものもあるので、症状の悪化や拡大が見られた場合は、自己治療を行う前に、一度専門医に診てもらうことをおススメします。




いぼ≠ニは皮膚が盛り上がってできる小さな突起物のことですがあり、専門用語に置き換えると《疣贅(ゆうぜい)》という病名が付いています。

いぼ≠ェできる原因は、大きく《ウイルス性のいぼ》と《ウイルス(老化など)以外のいぼ》とに分けられますが、一般的にいぼ≠ニ呼んでいる種類のものはどちらかというと前者のウイルス性イボのことを指しているようです。

このウイルス性のいぼ≠ヘ、ヒト乳頭種ウイルス(ヒトパピローマウイルス)が皮膚や粘膜に感染して起こる突起物であり、手や足などに生じた傷口などから皮膚内部へと進入し基底細胞(表皮の一番奥にある層)にまで感染するといぼ≠作り出すと考えられています。

そのため、ウイルス性のいぼ≠、むやみやたらに触ったり、誤った治療を行うと他の部位に感染することもあります。

画像.U


水イボ
画像.V


老人性イボ
ウイルス性のいぼ≠ヘ、主に手足にできやすい(尋常性疣贅)といった特徴がみられますが、場合によっては、陰部に感染(尖形コンジローム)したり、顔面に感染するイボ(青年性扁平疣贅)のほか、伝染性軟属腫ウイルスが原因で起こる【画像.U】のような水イボ(大人よりも子供に多い)などの症例が確認されています。

一方、ウイルス以外にも老化によるいぼ【画像.V】などがありますが、老人性いぼの多くは良性のいぼ≠ナあることが多く、悪性化(癌化)することはないので、必ずしも取らなければならないというものではありません。

※ ただし自己判断では見極めが難しい場合もあるので、違和感を感じたら一度、専門医に診てもらうことをお勧めします。



魚の目と間違いやすい
足裏にできたイボ


■いぼ治療 豆知識 ■

ヨクイニン療法ってなに…?


ハトムギの殻(種皮)を取り除いた種子のことをヨクイニンと呼びますが、いぼ治療に効果があるとして古くから利用されてきた民間療法がヨクイニン療法です。

事実、ヨクイニンを服用し続けた方の中にはいぼ≠ェ消えた(小さくなった)といたケースが多数報告されているようです。

これはハトムギに含まれる成分コイクノライド≠ニ呼ばれる成分がいぼ≠ノ作用するのではないかと考えられており、皮膚科でも内服薬治療のひとつとして患者に処方することがあります。

治療方法はいたって簡単であり、錠剤(あるいは顆粒)タイプのヨクイニンを服用するだけですが、独特のクセがあるため飲みにくいと感じる方も少なくないようです。

ヨクイニン自体は植物なので重い副作用はほとんどありませんが、稀に次のような症状が起こることもありうる…という点だけは理解しておきましょう。



・下痢
・発疹
・かゆみ
・ジンマシン …など




















体の悩み.com [HOME] 〜