体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
親知らずの痛みtop
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

コレだけは押さえる!親知らずの基礎知識

親知らずとは、第二大臼歯(だいきゅうし)の奥に生えてくる〝第三大臼歯〟にあたる歯のことです。

成人の歯イメージ画像通常、人間の歯は上下合わせて28本生えてきますが、親知らずを加えると最大で32本の歯が生え揃うことになります。

ところが、この親知らずに当たる第三大臼歯に関しては、目に見えて生えてくる人もいれば、目に見えず骨や歯肉(歯茎)の中に埋もれた状態のままや、あるいは親知らずそのものが存在しない人もいるため、必ずしも32本の歯がきっちりと生え揃うとは限らないのです。

また、この親知らずは大人(10代後半~30歳前後)になってから成長してくるといった特徴があります。
親知らずという名の由来
第三大臼歯という立派な名が付いているにもかかわらず、昔から〝親知らず〟と呼ばれ続けているのはなぜか…?

それは、どうやら親知らずが大人になってから生え始めてくることに関係しているようです。
チェック昔の人の平均寿命は短く、子供が成人に達した頃には既に親が亡くなっていることも多かったため〝親知らず〟と呼ばれるようになった説…

チェック親知らずが生え始める頃には、子供の歯に対する親の関心も低くなっているため、親が生え始めたことを知らない(気付かない)という説…
ちなみに、親知らずを英語に置き換えると「wisdom teeth(知恵の歯 = 智歯)」となりますが、これは、親知らずが物事の分別(知恵)がつく年頃になってから生え始めてくるということから、このような名が付いたと言われています。
親知らずは不要 !?
遠い昔の先祖(原始人)には、親知らずもきちんと生え揃っていたようです。

ところが、現代人にとって、この親知らずは非常に厄介な歯として疎まれ続けています。

これは、長年の進化の過程で、現代人の顎は徐々に退化していき、親知らずが生えてくるためのスペースが狭まってしまった(歯の本数や大きさに変化はない)がために、様々な問題(歯並びを悪くする、虫歯になりやすい、智歯周囲炎など)を引き起こす原因になっているからです。

しかし、必ずしも親知らずは悪者というわけではありません。

虫歯等によって失った他の歯に移植することができる場合もあり、生え方によっては抜歯せずに、そのまま残しておいた方が、後々、役に立つこともあるので親知らずも使い方次第という見方もできそうです。

知らないと怖い!親知らずの痛みについて

先にも説明したとおり、現代人は親知らずが生えてくるための十分なスペースが確保されていないので、斜めに生えてきたり、あるいは真横に生えてくるケースも少なくありません。

親知らずが生えてくることによって生じる痛みには、主に次に示すような原因が考えられます。
チェック痛みの原因1:智歯周囲炎

   親知らず周辺部の歯肉が炎症を起こす痛み

チェック痛みの原因2:虫歯

   ブラッシング(歯磨き)が上手く行えないために起こる虫歯による痛み

チェック痛みの原因3:圧迫

   隣接する歯(あるいは根元の神経)を圧迫するために起こる痛み …など
上記のような症状が起こると日常生活に支障をきたすこともあるようです。

抜歯を遅らせば遅らすほど、治療に要する時間や痛みの程度が増す傾向にあるので、我慢をして先延ばしするよりも、歯科医師とよく相談し、できるだけ早期治療を試みた方が賢明でしょう。

※ 痛みが強い場合には、通常、抗生物質で炎症を抑えてから抜歯を行います。
抜歯による痛み
一般的に親知らずの抜歯は想像を絶する痛みを伴うというイメージが強いようですが、実は状態(生え方)や麻酔の効き方等により痛みの程度はかなり違ってくるようです。

また、通常、親知らずの生えてくる角度が横に倒れこんでいるほど、痛みの程度が増すとも言われています。

そのため、親知らずが上(あるいは下)に向かって真っ直ぐ生えてきた場合には抜歯に要する時間も比較的短く、治療後の痛みも軽いようですが、親知らずが真横に寝転がって生えてくると、一度、歯肉を切開し骨を削りながら徐々に歯を抜いていかなければならない場合も出てきます。

その場合は治療時間も長くなるため、抜歯後の痛みや腫れも強くなる傾向にあるようです。




親知らず:豆知識

親知らずが原因で起こるトラブルとは?

顎が小さくなり、生えるスペースがなくなってしまった現代人にとって、親知らずは様々なトラブルを引き起こす原因にもなっています。

生え方によっては抜歯せずに済むこともありますが、親知らずを原因とする主なトラブルとしては、主に次のような問題が挙げられます。
智歯周囲炎

親知らず周辺の隙間や歯肉(歯茎)に汚れが溜まり炎症による痛みを伴う病気。

虫歯

生え方によってはブラッシングが十分に行えず歯垢が溜まりやすくなる。また、親知らずと隣接する歯の摩擦により損傷し、虫歯となるケースもある。

歯並び

生えてくるスペースのない親知らずが無理やり生えてこようとするため、隣接する歯を押しのけ、歯並び全体が悪くなる。

歯周病

ブラッシングが十分に行えないため、歯間や歯肉に歯垢が付着したり、歯垢ができやすくなるため歯周病の原因となる。

口臭

汚れが十分に除去できないことが原因。歯茎から膿が出る歯周炎や虫歯を治療せずに放置しておくと不快な口臭を発することがある。

顎関節症

親知らずの生え方・成長度によっては、歯の噛み合わせが悪くなり、顎の働きを邪魔する。

カフェ


親知らずと口臭の関係

不快な口臭を発する要因のひとつとして考えられるのが親知らずです。

親知らずそのものが、口臭の原因になるのではなく、親知らず自体がどうしても歯の磨きにくい場所に生えてくるため、生え方によってはブラッシングが思うように行えず、細菌の温床となってしまうようです。

その結果、食べカスによる臭いや細菌感染による虫歯、膿による不快な口臭を放つこともあるので、親知らずの生え方によっては日頃のブラッシング方法を変えてみることも必要かもしれません。