体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
イトリゾールtop
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み

知らないと怖い !? イトリゾールの効果と副作用

イトリゾールとは、真菌(カビの一種)の増殖を抑えるトリアゾール系抗真菌剤です。

イトラコナゾールとも呼ばれるこの内服液は、主に皮膚真菌症や内臓真菌症等の患者の治療薬として広く使用されています。

以下に、イトリゾールを服用する際の主な注意点・副作用についてまとめておきますが、イトリゾールは併用禁忌薬品等もいくつかあるので、必ず医師の指導に従ってください。
イトリゾールの効果と副作用
イトリゾールは抗真菌作用が強く、外用薬では治りにくい難治性の水虫(特に爪水虫)や、カンジタ治療などに効果が高いとして重宝されています。

しかし、作用が強い分、副作用に対するリスクも高いので、服用の際には特に注意が必要です。
特に注意が必要とされる対象者
チェック新生児に対する障害の恐れがあり、妊婦・授乳婦への投与は不可
チェック小児への投与は使用例(有益性の方が上回る重症患者など)が限られている
チェック薬物過敏症患者
チェック肝・腎障害のある方
チェック高齢者(生理機能が低下しているケースが多いため)
主な副作用
チェック消化器系

   嘔吐 / 腹痛 / 下痢 / 食欲不振 / 消化不良 …など

チェック神経系

   頭痛 / めまい …など

チェック皮膚系

   発疹 / かゆみ / じんましん …など

チェック血液系

   白血球・血小板の現象 / 貧血 …など

チェックその他

   動悸 / 発汗 / のどの痛み / 充血(目) / 脱力感 / 耳鳴り / 尿糖 …など


水虫(白癬菌)治療の現状:イトリゾール・パルス治療とは?

イトリゾール(成分名:イトラコナゾール)の強力な抗真菌作用は、水虫の原因とされる白癬菌を死滅させ、増殖を抑える効果があります。

そのため、かつて難治性で治療が難しいと診断された水虫患者も、新薬の登場や新たな治療法により、一昔前に比べると、水虫(白癬菌)の完治率が格段に高くなったようです。

特に外用薬では治療が難しいと考えられている爪の中で真菌が繁殖する爪水虫(爪白癬)に対しては、イトリゾール・パルス療法などが効果的な治療法であるとして試みられています。
イトリゾール・パルス療法
イトリゾール・パルス療法とは、1週間、集中して大量の抗真菌薬(イトリゾール)を服用し、その後、3週間は薬を服用をしないというサイクルを数回(通常3回)繰り返す治療法です。

水虫患者に対してイトリゾールを大量に投与しても、血中のタンパク質に結合しない分は体内に長く留まります。

そのため、薬の服用を中止している間も白癬菌に対し効果が持続するので、爪水虫治療には特に有効な治療法として、欧米でも広く行われているようです。

このイトリゾール・パルス治療は、薬の服用期間や回数を減らすことができるので、副作用等のリスクも軽減されると期待されていますが、患者の体質や他の治療薬を一緒に服用しているような場合には、治療が行えないケースもあるので、必ず医師の指導に従ってください。




水虫治療薬:豆知識

水虫が飲み薬で治療できるのはなぜ?

水虫の治療薬といえば、クリームや軟膏のような塗り薬を思い浮かべる方が大半で、なぜ飲み薬で水虫が治るの?と疑問に思う方も、少なくないようです。

確かに見た目には、患部(水虫)に、直接、塗布した方が効果的なようにも思えますが、爪水虫のように爪の中で真菌が繁殖しているケースでは、塗り薬の薬効成分が思うように届きません。

そこで、内部から治療をする必要が出てきますが、飲み薬による水虫治療のキーワードはズバリ〝血液〟です。

爪自体には血管が通っていませんが、爪を作る爪母(そうぼ)や爪床(そうしょう)には血管が通っているため、水虫の原因である白癬菌を死滅させる薬品〝イトリゾール〟や〝ラミシール〟などを服用することによって、有効成分が血管を循環しながら患部へ浸透するのです。

そのため、塗り薬でなくとも水虫治療が行えるというわけです。

現在、爪水虫は飲み薬を中心とした治療を続ければ、大半の患者が回復(7割程度)すると言われているので、塗り薬で効果が現れず、一度は治療を断念した方も、これを機会に飲み薬による治療が可能かどうか、一度医師に相談してみてはいかがでしょう。

カフェ


水虫治療には〝抗真菌薬〟と呼ばれる薬剤が使用されますが、この薬剤は大きく内服薬と外用薬とに分けることができます。

特に近年はラノコナゾールやテルビナフィンといった抗真菌薬が注目されていますが、外用薬であれば、これらの成分が配合された水虫治療薬(『ピロエース』など)は、近隣のドラッグストアなどでも購入することができます。

これまで、なかなか治らないと悩んでいた方は、従来の白癬菌の繁殖を抑える成分が配合された水虫治療薬とは違い、白癬菌の繁殖・増殖を抑え死滅させる作用をもった水虫治療薬を、一度、試してみる価値はあるかもしれません。