体の悩み.com ~ 恥ずかしくて人には言えない身体的な悩みを解決&解消する総合情報提供サイト ~
外陰炎top
Top水虫(白癬)歯いぼ・たこ・魚の目
性感染症ED(勃起不全)包茎・早漏その他の悩み
当ページをご覧になっているということは、大なり小なり、性器に何らかの問題(悩み)を抱えている方かと思われますが、特に性器に関するトラブルは、医師も含め、他人には相談しにくい壁が存在します。

今回、スポットを当てる外陰炎も例外ではなく、なかなか人に打ち明けられない疾患のひとつですが、外陰炎を甘くみていると症状が悪化し、治療が長引いたり、場合によっては、周囲の人を巻き込んでしまう(性交渉など)おそれもあるため、単なる炎症だから、そのうち自然に治るだろうと放置しておく行為は、あまり賢い選択ではありません。

そこで、外陰炎とは、いったいどんな病気なのか?治療法は?放置していると、どんな結果を招くのか?といった、これだけは押えておきたい外陰炎の基礎知識についてまとめておきます。



外陰炎とは?

外陰炎とは病名が示す通り、女性器の一部である外陰部(大陰唇、小陰唇、恥丘、陰核、尿道口、膣前庭、膣口、処女膜の総称)に現れる炎症のことでですが、ではいったいなぜ炎症が起こるのか!? その点が気になるところです。

外陰炎の原因簡単に言ってしまうと、細菌や真菌などの繁殖による〝感染性外陰炎〟と、それ以外の外的刺激をキッカケとする〝非感染性外陰炎〟とに大きく分類することができますが、他にもストレスや体の抵抗力の低下、ホルモンバラスの変化などが複雑に絡み合って影響してくることもあるため、必ずしも診断で原因が特定できるとは限りません。

また、個人差はありますが、アトピー性皮膚炎などのアレルギー体質やホルモンバランスが乱れやすい妊婦、あるいは幼児、高齢者などは外陰炎を起こしやすいとも言われています。
感染性外陰炎 性感染症を引き起こす病原体(カンジタ菌、淋菌、トリコモナス原虫など)や、もともと体内に住み着いている常在菌(大腸菌、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌など)の異常繁殖により起こる炎症で、感染性外陰炎は、大抵、膣炎と合併して発症しやすい傾向が見られる。
非感染性外陰炎 細菌や真菌といった病原体が引き金となって発症する炎症ではなく、皮膚への外的刺激(生理用品や下着の摩擦、激しい性行為や自慰行為、過剰洗浄など)や不衛生(月経時の血液の付着、尿や便などの排泄物、おりもの)が原因で起こる炎症。
近年は患部にはっきりとした病変は確認できないものの、外陰部に痛みを感じる(突発性の外陰部痛)などの不快感を訴える患者もいることから、治療が難しい難治性の症状があるということも併せて理解しておきたいところです。

外陰炎で発症する主な症状

外陰炎は女性器の外側にあたる外陰部に起こる炎症なので、その主な症状は痒み腫れですが、痛みを伴うケースも多いようで、ヒリヒリとした痛痒さや排尿痛、性交痛などを訴える人もいます。

さらに症状が慢性化すると、患部の皮膚が肥厚化し変色したり、我慢できないほどの激しい痒みを伴うなど、重症化することも稀にみられるようです。

また、外陰炎を発症している場合は、痒みや腫れ以外の症状が現れることも多く、帯下(おりもの)の量が増えたり、その臭いが悪臭を放ったり膿を出すなどの異常が見られた場合は真菌感染による合併症の疑いがあるため、重症化する前に早めに専門医に診てもらうことをおススメします。
質問 膣炎はなぜ起こる?
回答 膣内には、もともと細菌や真菌などの常在菌が寄生していますが、通常は女性ホルモン(エストロゲン)や乳酸菌(ラクトバチルス)によって、雑菌や真菌が必要以上に繁殖しないよう酸性に保っているため、トラブルが起こることはありません。ところが、何かをキッカケ(ストレスや体調不良による抵抗力の低下、性感染症患者との性行為など)に、膣中の状態に変化が生じると、常在菌のバランスが崩れてしまい、雑菌や真菌が異常増殖することで、炎症を起こします。

外陰炎の治療法&治療薬

ひとくちに外陰炎といっても、炎症を引き起こす原因は様々です。

適切な治療を行うためには、炎症の引き金になっている原因を突き止めることが不可欠なので、病院では問診後、視診を行い、感染性外陰炎の疑いがある場合は、さらに膣分泌液や患部の皮膚組織などを採取して病原体を特定することになります。

外陰炎を引き起こしている原因が特定できたら、いよいよ治療に入りますが、非感染性外陰炎と感染性外陰炎とでは対処法が大きく異なってくるので、この辺の判断が素人には難しいところです。

参考までにそれぞれの対処法について、ザッとまとめておきますが、ここで挙げる治療薬や対処法は、あくまで一例に過ぎないため、治療の際は必ず担当医の指示や指導に従うようにしてください(妊婦などに使用が禁止されている治療薬もある!)。
非感染性外陰炎
細菌や真菌ではなく、外的刺激がキッカケとなって炎症を起こしているような場合は、その炎症を引き起こしている原因を取り除かなければ、かゆみなどの炎症を抑える軟膏などを処方されても、なかなか完治しなかったり、再発してしまう恐れがあります。

そのため、非感染性外陰炎による炎症が疑われる場合は、日常生活を見直す(清潔な状態を保つことが大切!)必要があります(非感染性の場合は、原因を取り除くことで自然治癒することもある)。
炎症を起こしている患部を清潔に保つ!
チェック下着をはじめ、生理用ナプキンやおりものシートの小まめな交換
チェック蒸れやすい下着やパンツは避け、通気性のよいものに変える
チェック性器の過剰洗浄はやめる
局所への刺激となりそうな行為は完治するまで控える!
チェックセックス、自慰行為
チェック自転車、バイク、乗馬 …など
その他、ホルモンバランスの乱れや身体の抵抗力を低下させないよう気を付ける!
チェックストレスを溜め過ぎない
チェック睡眠を良くとる
チェックバランスの良い食事を心がける
感染性外陰炎
細菌や真菌の繁殖を原因とした感染性外陰炎の場合は、塗り薬や飲み薬(あるいは、併用)を使った治療が中心となります(症状によっては、患部を切除し、膿を出すなどの外科手術が必要になることも稀にある)。

その主な治療薬は下記に挙げるような薬剤となりますが、感染性外陰炎の場合は、外陰部だけでなく、膣内が炎症しているケースも多いため、膣炎を発症しているような場合は、その治療も同時に行われます(性感染症による膣炎を発症している場合で、恋人がいる場合は、そのパートナーの検査・治療も必要!)。
治療薬一例
細菌性 抗生物質 外用薬 ・フシジンレオ軟膏
・クロマイ-P軟膏
・リンデロンVG軟膏
ホルモン剤 ・グリメサゾン軟膏

・ロコイド軟膏

・キンダベート軟膏

・リドメックス軟膏 …etc
内服薬 ・フロモックス
・オゼックス
・ファロム
・ミノマイシン
膣炎 カンジタ 抗真菌薬 外用薬 ・エンペシド軟膏
・フロリードD軟膏
膣座薬 ・エンペシド膣錠
・アデスタン膣錠
・オキナゾール腟錠
トリコモナス 抗原虫剤 内服薬 ・フラジール錠
・アスゾール錠
・ハイシジン錠
膣座薬 ・フラジール膣錠
・アスゾール膣錠
・ハイシジン膣錠
※注 … 使用する薬剤によっては、かえって症状を悪化させてしまうこともあるので、必ず医師の指示に従ってください。
なお、抗生物質を服用すると、膣内の常在菌類のバランスが崩れてしまい、かえって症状が悪化してしまうこともある(場合によっては抗真菌剤が必要)ので、治療の際は、必ず医師の指示に従ってください。
質問 外陰炎を治療するための市販薬はある?
答え
外陰炎の主な症状は掻痒感なので、デリケートゾーンの痒みやかぶれ治療薬として広く知られている『フェミニーナ軟膏』が有効だとする意見もみられますが、『フェミニーナ軟膏』に含まれる〝イソプロピルメチルフェノール〟は殺菌効果のある成分なので、真菌を原因とした外陰炎などには効果が期待できません。

また、市販の軟膏や抗生物質は病院で処方される治療薬に比べると濃度が薄く、場合によっては一時的に症状を抑えるだけで、慢性化させてしまうおそれがあるということも十分に理解しておいてください。

市販薬で症状を和らげることができるケースは確かにあります。

しかし、外陰炎を引き起こす原因は様々なので、何よりも適切な治療による早期改善を望むなら、市販薬に頼る前に、一度、専門医に診てもらうことをおススメします。